Google+

2014-04-24

マレーシアの雷雨のあと

2ヶ月ほどの雨なき乾燥の日々が続いたジョホールバル。

この4月にはいって、休憩日もあるものの、

夕方3~4時ごろになると、空が灰色の雲でおおわれはじめ、

遠くのほうで、「ごろごろ」と聞こえ始めてきます。

ほとんどの場合は、南に位置するシンガポール方面から雨がやってくるのですが、

台風をおもわせるほどの突風は、たまにしかないものの、

雷をともなった雨量は、滝の中にいるような気分になるほどすさまじいものがあります。

また、ドシャンピッシャンと、すぐ目の前でオレンジの稲妻がとびかったりするので、

通常1~2時間ほどで止む土砂降り雨のときは、外にでないのが一番なのですが、

学校の送迎であったり、買い物、約束事と、でかけなければいけないときも多くあります。

で、こんな雷雨中にであってしまうのは、

渋滞、

しかも、大渋滞なのです。

なんせ、土砂降りなので、道路はよくみえない。

そこでゆっくりと運転。

それだけなら、ひどい大渋滞はおこらないはずなのですが、

なんせ、道路は、洪水のように水があふれています。

ダンガベイ沿いの対向車線

そして、そんなあふれた水の中、動かなくなった車。


そんな車をみても、果敢にわたっていこうとする車。

そして、この川と化した百メートルほどを過ぎたところには、またの大渋滞

こういう状況をみると、「雨がふっていたから遅刻」という言い訳も納得がいきます。

かくいう私も、子供のレッスンに30分以上おくれてしまいました。


洪水だけではない渋滞


我が家から、ほんの15kmほどのところにある教室。

渋滞のはじまる5時前に家をでると、大体は15~20分で到着できます。

去年の半ばまでは、大雨でも、事故があっても、3車線の大きな道路ということもあってか、30~40分ほどで到着、遅刻することなどめったになかったのですが、

このところ、30分以上かかったり、今日のように1時間以上かかったりと、事故そのものが増えたのも一つの理由なのかもしれませんが、その事故件数が多くなってきている要因でもある、ジョホールバルの人口密度が高くなってきているのを、道路を運転しながらも感じてしまいます。

雷雨とはまったく関係ないのですが、道路の渋滞だけではなく、街中のショッピングモールからも変化を感じるこのごろです。

特に、プラザペランギ内のコールドストレージの混雑振りに驚きつつも、

このスーパーマーケットは、ここにしかない食材があったりと、以前から、重宝するも、あまりもの人の少なさに大丈夫かなと不安だったこともあり、ここの繁栄振りは、うれしいのですが。


今日の、洪水渋滞のなか、ふと考えていたのですが、

ジョホールバルで、必要な車って、こんなもんではないでしょうか?



イギリス、いえいえ、マラッカのダックツアーからのダックカー。(シンガポールにもありますね)

道路を走ることも、海を渡ることもできるダックカー。これだとスピードも制限がでそうで、なかなかよいのではないでしょうか。

でも、ダックカーでは、スタイリッシュな私には似合わないかと、:p

こんなものを探してみました。






関連記事:



翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。また、相互リンク、広告等のお問い合わせ等はコメント欄、コンタクトフォームにてお気軽にご連絡ください。

2014-04-23

マラッカ海峡で日本のオイルタンカーが海賊によって襲撃

22日火曜日早朝、500万リットルのディーゼルを運んでいた日本のオイルタンカーが、マラッカ海峡で略奪され、また、3名の乗組員が誘拐された模様。

ポートクラン海洋警察の指揮官DSPノザイド・モハマッド・サイードによると、このタンカーは、ミャンマーに向かっており、ケタム島から16海里のところを航海中、複数の武装盗賊に襲われたものと伝えています。

マラッカ海峡で日本のオイルタンカーが海賊に襲撃
写真は、今回の日本のオイルタンカー襲撃のものではありません。
Wikiのマラッカ海峡の海賊より


事件は、午前1時頃に発生。

乗組員が気づいたときは、ピストルやパランで武装した5~6人が船に乗り込んでおり、

乗組員たちは、縛られて部屋に閉じ込められました。

その後、二つのタンカーに、ディーゼル300万リットルをポンプによって汲み上げ、夜明け時の5~6時間後に去っていったようです。

乗組員が、数時間後に、それぞれ自力で脱出した後、3名のインドネシア人乗組員が不在であることに気づいたようです。

インドネシア、タイ、ミャンマー、インド人にて構成されているタンカー乗組員のうち、インドネシア人のみが行方不明となっており、盗賊に拉致された疑いがあるとしています。

船は、現在、警察にて捜査中とのこと。

The Star Online


ジョホール海峡、マラッカ海峡の海賊


従来の、ナイジェリア、ソマリアでの被害件数よりも、インドネシアでの被害件数が急増していることから、近郊のジョホール海峡シンガポールマカッラ海域での海賊による被害が増えてきています。

去年、マラッカ海峡で海賊に襲われた事件のニュース記事だったと思うのですが、マレーシア近辺海域で被害にあっているのは、主に商船で、乗組員の現金、携帯電話、コンピューターなどが狙われており、海賊船そのものも、商船、漁業船などを装っているために、海賊船であることを判断しがたいようです。

マレーシアの海洋警察では、この海賊退治に必死なものの、パトロール中の警察が乗り込んで捜索する際には、武器であるピストルであったり、パラン(大型ナイフ)等は、すでに海中へ投棄されているとのこと。


海賊、パイレーツであるからと、スケルトンマークの旗をひらめかせ、

「アイアイ、キャプテン!」

なんて、バンダナ姿であらわれるわけではないのですね。

ジョホール、マラッカ海峡沿い、河口沿いでは気をつけましょう。



関連記事:


    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。また、相互リンク、広告等のお問い合わせ等はコメント欄、コンタクトフォームにてお気軽にご連絡ください。

    シンガポールのチェックポイントで、またの逮捕者

    3月の上旬、コーズウェイのウッズランドチェックポイントを、シンガポール登録車の金のメルセデスベンツで逃走した64歳の男性は、逮捕され、現在、精神衛生所に保留となっています。

    また、その後にも、42歳のマレーシア人男性が、パスポートなしでチェックポイントを突破しようとし、逮捕されています。

    1月に、27歳のマレーシア女性教師が、チェックポイントを違法に通過した件で、シンガポール警察は、内務大臣より強烈な批判を受けました。

    この女性は、精神異常を指摘され、告訴は取り消されているようです。


    今年4件目のチェックポイントでの逮捕者


    3月の時点で、ジョホールバルからシンガポールへ向かうコーズウェイは、非常に混雑しているのが現状です。

    straitstimes.com


    この月曜日、4月21日、今年4件目、今月で2件目の逮捕者がでてしまいました。

    逮捕されたのは、33歳のマレーシア人男性で、シンガポールの到着カウンターで、パスポートを提出することができず、入国管理局(ICA)の担当官より、別の場所へ移るよう指示をされたものの、そのまま逃走しようとした模様で、その場で逮捕されました。

    一体、どうなっているのでしょう、マレーシアの出国審査。これが不思議なのですが。


    私ごとですが、この週末、マレーシアでは上映禁止となった映画をみるべく、シンガポールへ行く予定ではいるのですが、この様子では、バスを使っていくほうがいいか考えることにします。


    関連記事:


    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。また、相互リンク、広告等のお問い合わせ等はコメント欄、コンタクトフォームにてお気軽にご連絡ください。

    2014-04-22

    ジョホールバルで週末ぶらぶら散歩

    このところ、週末になると、息子を友達の家へ、娘を友達との約束の場に、そしてそれぞれのパーティにと、なんだか日にちもわからなくなるほど動き回っています。

    子供たちが小さいときは、2歳差も男女差もまったくなく、4~6人ぐらいの友達とスリープオーバーで自宅で盛り上がっていたのも、ほんの1~2年ほど前なのに、とても昔のことのように感じるこのごろ。

    娘が、Tween(プリティーン)の年齢となり、そしてTeenagerとなり、はたまた、息子がTween最後の年齢になった今、女の子は女の子同士、男の子は男の子同士(年齢的に友人宅へ行っても我が家でも、レゴランドや映画等への外出は、まだまだ私たち親が同伴します)と、まったく別の行動となり、

    日本のように、「いってらっしゃ~い」と、一人で外出させることが出来ないジョホールバルでは、目的地までの送迎、はたまた、友人たちと合流するのを確認してからなんて、あと4~5年は、ぴったりとストーカーのように子供たちのあとをおっていくのだろうなと思います。

    我が家では、娘が13歳になるまでは、友人たちと映画を見る際も、一緒についていってたんです。

    日本では、先ず、ありえないですよね。

    こんな風に、子供たちの習い事にしても、ぴったりと付き添っていることから、ティーンエージャの母親であっても、自分の自由時間ってほんとうに限られてきます。

    それでも、ご飯をつくるのが面倒だなってときは、そのままシティスクエアの近くで、子供たちと友人と一緒にご飯をたべて、夜店を観光客気分でゆったりと(もちろん、子供たちにもバッグを引っ張られたらそのまま渡しなさいなどと、スリ犯罪等には気をつけながら)Jalan JalanできるのもJBのいいところなのかな、なんて思います。

    City Squre前の広場から、チャイニーズ、インディアン街まで、平日も夜店がでてますが、週末は、かなりの数の夜店がでていてジャランジャラン(ぶらぶら散歩する)に最適です。

    タイのマーケットを思わせる大きな規模の夜店で、おいしい大きな手作りプリンが1カットRM3.5だったり、古着屋さんのバッグコーナーには、日本のランドセルがRM60で売ってあったり。(これらは、City Squareよりではなく、HSBCに近いとおり、インド人、中国人パンやさんの間のとおり)

    小さいながら骨董品のお店では、結構おもしろいものがみつかります。

    友人がみつけた置物は、交渉してもRM700。う~む。今度、地元の人に交渉してもらう予定です。

    きのうは、もう一箇所、新しく移転したJCSCへ。

    JCSC Johor Cultural & Sports Clubなんてご存知ですか?

    設立当初からのJCSC

    2013年に新設されたJCSC

    1920年代に、ジョホールバルにできた最初のメンバーズクラブで、イギリス上流階級に、ジョホールの高官が主なメンバーで、プランテーション等の持ち主などは、当時では、「こっそりと」した感じで入会を許可されていたようです。(秘密結社といわれるフリーメイソンクラブと少し違いはあるも、イギリス上流階級クラブが、なんと、ここJBにもあったという感じです。)

    その後、このクラブ参加を現地公務員にもすすめるために、メンバーシップ費用等を低く設定してあるそうです。

    もともと、Thistle Hotelの目の前に、イギリス領時代の建物にひっそりと居を構えていたクラブで、ちょっとしたレストランにパブにプールバー(ビリヤード)と、メンバーとその友人たちのみが利用できるところでしたが、

    去年、ロイヤルジョホールカントリークラブの隣に、新しく建築したクラブへの移転となりました。

    以前のクラブとはうってかわって、ジム、スイミングプール、レストラン、プールバー(ビリヤード)、パブにサウナ、会議室などがあり、このごろジョホールバル郊外にできている住宅地のクラブハウスが、こんな街中に、といったいい感じです。

    これからは、このクラブハウスを、メンバーのみでなく一般にも公開できるような案件がでているとのこと。土日のホリディ気分が、ホテルまで行かなくても、こんな街中であじわえるのもいいですよね。

    日本企業関連の方々では、すでにこの隣のロイヤルジョホールカントリークラブや各ゴルフカントリークラブへ入会されている方が多いようなので、このクラブハウスは、不要かもしれませんね。

    ジョホールバル市街地マップ


     関連記事:

    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。また、相互リンク、広告等のお問い合わせ等はコメント欄、コンタクトフォームにてお気軽にご連絡ください。

    シンガポールのブラックマーケット(闇取引)で本日水曜日から売られるもの

    Black market offers と、

    ブラックマーケット(闇市場)なんてタイトルだったので、ドラッグか人買いか何事かとおもいきや、

    ハローキティちゃんの40歳誕生日を祝っての特別コレクション


    ハローキティ・バブリー・ワールドコレクターズ・セットHello Kitty Bubbly World Collector's でした。

    channelnewsasia.com

    マクドナルドシンガポールでは、ハローキティ豪華セットの世界デビューに向けて、水曜日(本日)11時より、事前注文をとっています。

    このコレクションは、ハローキティの40歳誕生日を記念しての特別商品です。

    この中には、キティちゃんが、他のサンリオキャラクター、ケロケロケロッピーやマイメロディに扮しているものもあるようです。

    なんと、イーベイでは、すでにS$199.90という高額買値もでているそうです。

    マクドナルドシンガポールでの事前予約価格はSD80で、この中には、ヴァリューミール券、ハローキティ40周年記念証明書にスピード郵送費用も含まれています。

    また、チャイニーズオークションサイトでは(Taobao)、S$20~S$90と比較的低価格のようです。

    このコレクションセットの正式販売日は、4月28日11時となります。

    それぞれのキティちゃんは、Extra Value Mealを注文することで、S$4.95で購入可能です。

    前回の、ハローキティトーイリリースの際は、ハローキティの純粋なファンのみでなく、イーベイなどでの転売を目的とした人たちの長い行列ができたようです。

    昨年6月の、たちこもるヘイズ煙害の中、ハローキティフェアリーテールコレクションのために、一晩並んで待っている人たちの姿が話題となりました。

    また、チャンネルアジアに送られてきた映像では、マクドナルドの店頭で、購入数制限に不満のあるカスタマーが、マネージャーと言い争っている姿などがあったそうです。

    この先がけ予約は、こういった騒動をさけるためのものでもあるようです。

    - cat-astrophy, or cat fights - Catastrophyは大惨事なので、Cat fights(猫の戦い)にかけて、Cat Astrophyなんて記事にでています。あ、そういえば、キティちゃんは猫ですね。


    キティちゃんとは、関係ありませんが、

    KLIA2ターミナル~KLセントラル間
    エキスプレスレールリンクの無料試乗申し込み




    KLIA2ターミナルオープンにあわせて、5月2日には、ERL(Express Rail Link)が、KLセントラル~KLIA2間にオープンします。

    KLIA2のオープンディ、日曜日に、1,000人までの無料試乗申し込みを受け付けているようです。

    無料試乗登録を申し込みたい方は、 (明日から)こちらにて登録できます。 - www.kliaekspres.com

    First come first served basis です。(早い者勝ち)



    関連記事:



    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。また、相互リンク、広告等のお問い合わせ等はコメント欄、コンタクトフォームにてお気軽にご連絡ください。

    2014-04-20

    ジョホール州で、MERSコロナウィルス感染者男性が死亡

    ジョホール州で、マーズ(MERS)コロナウイルス感染者が死亡


    ジョホール州でマーズコロナウィルス感染者死亡


    ジョホール州のバツパハット(Batu Pahat)で、3月末にサウジアラビアの聖地メッカ(Mecca)からの帰国後、熱、咳に呼吸困難をうったえ、4月10日より入院していた54歳の男性が、その3日後の日曜日にMERS感染のため亡くなられました。

    また、同地区では、64名がMERS感染の症状があることから、1週間の自宅待機を言い渡され、また、どうしても外出をするようなときは、マスク着用をすすめていますが、いまだ、マスクをつけずに外出している人たちが多いようです。


    コーズウェイ、セカンドリンクにセナイ空港での警戒態勢


    ジョホール州で警戒体制


    2003年に、中国よりひろまったSARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスのときのように、各国境イミグレーション、飛行機等での高熱チェックを含め、体調チェックが厳しくなっていきます。



    MERSコロナウイルス


    Wikiよりの引用

    MERSコロナウイルス(マーズコロナウイルス、Middle East respiratory syndrome coronavirus, MERS-CoV)は、SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスに似た新型のコロナウイルス(ベータ型)で、2012年にイギリスロンドンで確認された。

    2013年12月現在、中東地域で感染拡大中の新型コロナウイルスの流行である。

    肺炎(異型であるので診断に注意が必要)を主症状としており、死亡率が40-50%前後と非常に高い

    2014年1月17日現在、感染者178人、死亡者75人(うちサウジアラビアでは142人感染、58人死亡。)。

    2002-03年に流行したSARS(サーズ)コロナウイルスとは異なる種類である。

    SARSの死亡率は約9%前後であったた、MERSの死亡率は約50%である。

    感染者の多くが最近6ヶ月(2013年4月19人、5月21人、6月22人、7月13人、8月19人、9月は11日までで22人)に新たに確認されているため、心配されている。

    2013年8月13日現在、感染確認地域(輸入例も含む)は、サウジアラビア(感染者71人、死者39人・・8月1日現在)、ヨルダン、チュニジア、カタール、UAE、イギリス、フランス、チュニジア、イタリア(疑い地域はパキスタンとドバイである)。

    ・資料によってカウントする国が異なるため、注意が必要である。
    ・サウジの感染者38人中23人以上がAl-Ahsa地域(カタールから約50km)の感染者の関係者である。
    ・6月3日までの集計で、欧州の11人の感染者のうち、5人が欧州域内での感染である。
    ・イギリスの1号患者(2012年9月)はカタール人男性で、発症数日前にサウジアラビアに旅行した後発症し、カタールのドーハの病院からロンドンへ緊急輸送された(これをカタール、サウジ、イギリスのどこに入れるべきか問題である。今のところイギリスとして数える場合とサウジアラビアとして数える場合の2通りがある。)(2013年6月28日死亡)。
    ・イギリスの2号患者(60歳男性)はサウジアラビアまたはパキスタンで感染した疑いがある。
    ・ドイツの1号患者(45歳男性)はカタールで感染したと見られる。
    ・フランスの1号患者は4/9~4/17の間にドバイを訪問し、帰国後4/22にMERSを発症。フランス・リールの病院で2号患者と同室。
    ・イタリアの1号患者(45歳男性、非イタリア人、トスカナ地方、ホテル勤務、5月31日発表)は40日間ヨルダンに滞在し、帰国時には咳と疲労感があり、その後確認[22]。イタリア在住の孫(2歳女児)と同僚(43歳女性)も感染確認されている。

    多くの患者で通常の肺炎が見られない。

    また(肺に近い)下気道に感染しやすいところ(受容体)があり、症状が少ないまま突然肺炎になりやすい。

    本ウイルスは遺伝子解析からヤマコウモリが起源とされているが、現在の中間宿主、感染方法は全く不明である。

    潜伏期間は2.5-14日間とされている。

    宿主が動物である(人獣共通感染症)ことはほぼ間違いなく、ヤマコウモリまたはラクダが疑われているので、上記感染確認地域ではできる限り動物(ラクダに限らず)にさわったりせず、手洗いを励行することも感染予防に大事である。

    2013年6月末現在、ヒトヒト感染での空気感染例はなく、濃厚接触感染が存在するとされている。

    パンデミックフェーズは3相当(宣言されてはいない。WHOは誤解を生む「パンデミック・フェーズの代わりになる警報基準を2013年6月に発表した)。

    サウジアラビアのバチンの集団感染例がある。ラクダ商人の38歳男性が肺炎で死亡した。

    彼は病気のラクダを扱っていた。彼の母、娘、いとこの合計3人がMERSに感染し、2人が死亡している。

    2013年5月、国際ウイルス分類委員会が、病原体名を「Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV)」と命名、WHOの決定を受けて、厚生労働省はウイルスの名称をMERS(マーズ)コロナウイルスと名付け、感染症名を中東呼吸器症候群(MERS)と決定した。





    関連記事:


    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。また、相互リンク、広告等のお問い合わせ等はコメント欄、コンタクトフォームにてお気軽にご連絡ください。

    2014-04-18

    マレーシアの路上詐欺被害 - 大使館メールマガジン概要含む

    マレーシアで多い路上詐欺、
    スクラッチ/くじ引き & ウィン スキャム(Scratch/lottery and Win Scam)


    クアラルンプール市内の路上において、邦人女性が、このくじ引き&ウィンスキャムとおもわれる詐欺被害にあわれたようです。

    この事件概要は、以下のメールマガジンからの内容を確認ください。

    また、このように、事務所へ出向いて、そこで金額を支払っているような場合、領収証を受け取っている可能性が高いので、警察、消費者センターへ届けることで、金額がもどってくるケースがほとんどですので、以前の本サイト記事にて確認ください。

    まずは、詐欺にあわないように注意するのが一番ですが、このスクラッチ/くじ引き & ウィン詐欺団体は、2006年ほどからか、会社名を変えながら、毎年多くの被害者をだしています。

    去年、ジョホールバルの例では、CIQ近くの歩道で同じようなくじ引きを引くこととなり、当たったということでタマンセントーサの事務所へ連れて行かれ、何かの商品(大して必要でもない家電製品等)を渡され、もっと大きなもの(大抵は高級車)が当たるからとRM6,000ほどをだましとられたケースなどがありました。

    このごろ、私はみかけないのですが、大抵は若い男女集団で、ショッピングモール近辺、大型スーパーマーケット駐車場、ペトロステーション(ガソリンスタンド)に住宅街をねらってくる集団まであります。

    金額を支払うことで、「商品」ともいえる物を受け取っていますので、警察のほうで、それは、商品を購入しているのだから犯罪ではない、といわれるケースもあるようです。

    しかし、実は必要でも欲しくもない「商品」を、もっと「よいものがあたるから」といううたい文句で半ば強制的に購入をせまられた形なので、消費者センターへの相談をおすすめします。

    また、その「商品」は、未開封であることが必要なようです。

    冷静に考えると、その「もっとよいものがあたる」なんて売り言葉にひっかかるわけはないなんて思ってしまいますが、ふと魔が差しちゃうようなセールストークをするようです、このグループは。

    いろいろな地域犯罪と同じく、まわりで起こっている事を把握して、安全に楽しくマレーシア生活を送りましょう。

    「在マレーシア日本国大使館メールマガジン」より

    平成26年4月17日

    クアラルンプール市内中心部に所在する複合商業施設パビリオン付近の路上において中華系男性に声を掛けられた邦人女性が、3,000リンギをだまし取られる詐欺被害が発生しました。

    犯人らは、複数で犯行に及び付近に事務所を構えるなど、組織的に同所周辺で犯行を繰り返している可能性が高く、引き続き十分な警戒が必要です。

    【事件概要】
    4月5日(土)午後6時頃、パビリオン付近の路上を歩いていた邦人女性が、20代の中華系男性から「無料でできるくじがある」と声を掛けられたため当初は断っていたものの、執拗かつ言葉巧みに勧誘されたことから引いてみたところ、「5,000リンギ相当商品(旅行券等)が当たった。」と付近の事務所に連れて行かれ、同所では、別の女性(20歳代の中華系)から、過去の当選者の写真等が掲載されたパンフレット等を用いて説明を受け、当選品の受け取りには、手付金として3,000リンギが必要だと言われたそうです(被害女性は、初歩的な中国語が出来るため、会話はすべて中国語で行っていたとのこと。)。

    被害女性は、中華系女性による言葉巧みな説明で信用してしまい、手持ちの現金が足りなかったことから、近くの銀行で現金を下ろし、その場で支払ったものの、約束の3日後を過ぎても連絡もなく、教えられていた犯人の携帯に電話しても連絡がとれず、3,000リンギは、そのままだまし取られたという事案です。

    ※ 同様の被害を防止し、身の安全を確保するためには、以下の点に留意することが有効であると思われます。
     ○ 無料・格安という話は、詐欺の可能性を考慮し、安易に信用しない。
     ○ 路上で知らない人から話しかけられても相手にしない(事務所等には絶対について行かない)。

    また、万が一に備え、下記も留意して下さい。
    ○ 自宅住所、電話番号、クレジットカードの情報(番号、有効期限、暗証番号)は他人に教えない。
    ○ ATMで現金をおろす際は、暗証番号を人に見られない様に注意する(暗証番号のメモ等は持ち歩かない。)。

    このような配意を行ったにもかかわらず、同様の事態に巻き込まれてしまった場合には、身の安全の確保を最優先とし、
     ○ だまされていると途中で気づいた場合は、付近の人に助けを求める(事務所等に連れて行かれている場合は、速やかに立ち去る。)
    ○ 暴力を振るわれた場合は、無理に抵抗せず相手の指示に従い金品等は引き渡す。
    ○ 犯人が逃走した場合は、無理に犯人を追いかけたりしない。
    等を徹底してください。

    なお、被害に遭ってしまった場合は、今後の被害防止のためにも警察への届出と共に大使館にもご連絡をお願い致します。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
    ◇本メールマガジンは、WEBにてメールマガジンの登録をされた方や在留届においてEメールアドレスをご登録いただいている方にご案内しています。
    また、災害発生時等の緊急事態に際して、在留邦人の皆様に連絡する手段としても使われます。
    なお、Eメールでの情報提供がご不要の場合は、領事部代表メール宛にその旨ご連絡ください。Eメール:ryo@kl.mofa.go.jp
    ◇このメールは送信専用アドレスとなっておりますので返信しないでください。このメールの内容に関するお問い合わせ:ryo@kl.mofa.go.jp
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
    Embassy of Japan in Malaysia
    No.11 Persiaran Stonor, Off Jalan Tun Razak,
    50450 Kuala Lumpur, Malaysia
    Tel:+603-2177-2600
    http://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/index.htm
    △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


    関連記事:


      翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。また、相互リンク、広告等のお問い合わせ等はコメント欄、コンタクトフォームにてお気軽にご連絡ください。