Google+
2014-10-17

マレーシア建築現場の事故

建物建設中の事故は、世界中どこでもありますが、なんせ、建築ラッシュがおしよせているジョホールバルに、ここ10年ほどずっと建築ラッシュのクアラルンプール近辺。

以下は、この1年におきている建築現場事故のほんの一部です。

たか~い建築物の近くはなるべく通らないように、
そして、通らなければいけないときは、
上をみあげながらドキドキしながら素早く通るという、結構な臆病者。

でも、こんな写真をみると、きっと同調していただけますよね?

ひびが入っていた部分の決壊による死亡事故
2013年7月 ジョホールバル、タマンガヤ

nst.com.my

ジョホール州の建築現場事故件数増加


nst.com.my
今年2014年8月27日付のNew Straits Times によると、ジョホール州での8月までの建築現場での事故件数は7,000件と去年1年間でおこった数値とおなじであり、

また、去年の同時期の現場事故による死亡者数28名から、 今年の42名と、急増しているとのこと。

国家労働安全衛生保健局(DOSH)オマール氏によると、職場安全意識を促進するためのさまざまなプログラムを強化したことを伝えています。

また、職場の安全規制の遵守を怠っていた31社は、法廷に送られたとのこと。

2013年6月Taman Pinggiran Putra, Seri Kembanganクアラルンプール
starproperty.my

クレーンがおちるケースはよくあります。

ジョホールバルの街中ペランギでも数年前におこりました。幸いにも怪我人はなかったようです。

クアラルンプールの道路陥没事故


中心街のど真ん中で、7月におこった事故。

MRT側ではもちろん地下鉄トンネル工事のせいではないと主張してり、水道管破裂が原因によるものだとかなんだとか。

この20x10メートルほどの陥没。

その後、砂を埋め込んで修復してはいるようですが。

怪我人がまったくでなかったというラッキーさもあったのでしょう。

その後、ちょっとふざけた写真が続々とでてきましたので、お気に入りをここに。

クアラルンプール道路陥没
nst.com.my

Jalan ImbiとJalan Puduの交差点でおきた大きな道路陥没。

そして、これこそ冗談でしょとおもった、緊急処置のテープはり。


私の気分的にはゴジラですが、キングコングもなかなかですね。


兄弟喧嘩でこんな陥没をおこしそうな
ソー(Thor)とロキ(Loki)への事情聴取



この陥没事故の責任はないと通したMRTですが、実はこの前後に数週間の間をおいて、MRT建築現場での鉄塔がおちて、通行中の車を2回にわたって破壊していたり、(破壊度がひどいので写真掲載はやめます)

コンクリートブロックの落下により作業員3名が死亡となる重大な事故がおこっています。

ジョホールバルも、すぐにでも地下鉄に新幹線の建築がはじまるのかはじまらないのか、未だに不明ではありますが、すでに起こりすぎている建築現場事故を未然に防ぐ対策に、政府は力をいれているようです。


クリック応援おねがいします


翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。



関連記事:

    2014-10-14

    マレーシアで突風による事故

    この週末は、日本で騒がれている台風の影響から、マレーシア北部、タイのほうでは突風による津波警報などがでていました。

    きのう、10月12日日曜日、この台風によるものなのか、突風を巻き起こした嵐は、ジョホールでの事故のみではなく、クアラルンプールでも、ディパバリセールのテントをふきとばしたり、木がたおれたことで2名の警官が亡くなる事故までおこりました。

    ジョホールバル 4時半頃


    ジョホールバルの工業地帯パシグダン(Pasir Gudang)とセカンドリンクへ続くパーリング(Perling)を結ぶパシグダンハイウェイで、異常な嵐によって、40メートルに及ぶ歩道橋の金属屋根部分が吹き飛び、道路上に落ちるという事故がありました。

    ジョホールバルのパシグダンハイウェイ事故 歩道橋屋根
    ジョホールバル、パシグダンハイウェイ
    thestar.com.my

    ジョホールバル、パシグダンハイウェイ
    thesundaily.my

    これによって、大型トラックの運転手を含む5人が怪我。消防レスキュー部門は、4.36pmに連絡を受け、30分未満で現場へ到着したとのこと。

    この歩道橋は2008年に建設されたもので、毎年2度の安全チェックが行われているとのこと。

    広告用看板が、突風を受けて飛ばされた引き金ではないかとし、また、損失はRM100,000ほどで、修復費用はRM300,000であろうと伝えています。

    もともと、車両事故が毎日のようにおこるパシグダンハイウェイですが、まさか、こんなものが落ちてくるとは、これまでは誰も考えていなかったでしょう。

    クアラルンプール 7時頃


    カンポン・アタップでは、雷雨時、ジャランベルフィールド(Jalan Belfield)の警察ブースに、木が根こそぎ倒れ落ちたことで2名の警官が犠牲となりました。

    また、この近辺のみでなく、クランバレー方面でも倒木が相次ぎ、大混雑が発生しました。

    警察ブースから遠くない、スタジアムムルデカでは、イベント用にインストールされたいくつかの投光器足場が崩壊したとのこと。

    クアラルンプールの警察ブースに倒壊した木
    thesundaily.my

    クアラルンプール、スタジアムムルデカ
    thesundaily.my

    これからモンスーン時期となり、こんな台風のような嵐がおこることも多くなってきます。

    また、今年のマレーシアは、おもいもかけないような事故も相次いでいます。

    大雨の日はもちろん、急増中の建築建設現場近くを通らなければいけないときも、十分に気をつけましょう。 - マレーシアの建築現場での事故


    クリック応援おねがいします

    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。



    関連記事:
    2014-10-13

    ブキッ・ビンタン爆弾事件はギャング団抗争

    先週木曜日、クアラルンプールの中心繁華街ブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)で起こった手榴弾爆発事件

    13名の死傷者をだし、事件当初よりテロリスト行為ではなく、ギャング団の抗争であると伝えられていました。

    クアラルンプールのブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)手榴弾爆発事件
    写真記事概要:themalaymailonline.com

    警察では、この手榴弾攻撃は、ギャンブル帝国を率いるギャングスターを狙ったものと伝えています。

    マレーシアのギャング団、Gang 21のゴッドファーザーとして知られるアーハイ(Ah Hai)は、ナイトクラブ、チェリーブラッサムからでてきたところを狙われたものの、無傷で脱出しているとのこと。

    警察は、攻撃の対象であったと疑いのあるアーハイの追跡調査のため、この土日、6つのナイトクラブで踏み込み捜査を行いました。

    3店舗の捜索では、405名がチェックを受け、未成年を雇っていること、また、定時以降もオープンしていることから2名が逮捕されています。

    また、組織的犯罪特別タスクフォース(STAFOC)チームを含むブキット・アマン担当者によると、他3店舗の捜索で、215名を確認し、違法移民人身売買(Anti-Trafficking in Persons and Anti-Smuggling of Migrants Act.)の下、3名のベトナム女性を救出しました。

    警察は、現在もGang 21のゴッドファーザー、53歳のアーハイ(Ah Hai)を探しています。

    違法オンラインギャンブルの増加


    ブキッ・アマン(Bukit Aman)の商業犯罪部データによると、違法なオンラインギャンブルに関与する暴力団の数が、2012年以降増加していることが伝えられています。

    これらは、主に、小さなギャング団が構築しているもので、他の違法経営よりもリスクが少ないものの利益が高いと感じている。

    また、違法賭博ブームの、もうひとつの理由は、当局による違法なカジノ経営の疑いのあるサイバーカフェの取り締まりにもあり、

    2013年に取締りが強化して以来、検知されにくいオンラインギャンブルへと移動していることを伝えています。

    マレーシアで人気のギャンブル



    違法オンラインギャンブルでもっとも人気のあるのはカジノやサッカーの賭け。

    マレーシアでも、ソーシャルメディアサイトからのリンクでさえ簡単に始められます。

    ブックメーカー(Bookies)と客であるギャンブラー(punters)は、FacebookやTwitterを利用して、また別の客、ギャンブラーを探し紹介することで、紹介料を受け取る仕組みまであります。

    怖いのは、ティーンエージャや子供までも、オンラインギャンブル中毒になる可能性があるということです。

    ギャンブル帝国

    木曜日の爆撃事件は、ギャンブル帝国の拡大を模索していたと思われる53歳のギャンブリングの中心人物(Kingpin)、アーハイを殺害するためにヒットマンが雇われたものと考えられています。

    アーハイは、ギャンブル帝国拡大のため、他のシンジゲートより高い利益を約束することで、賭博家(Bookies - ブックメーカー)を引き抜いていたようです。

    警察は、成長が著しい違法オンラインギャンブルビジネスが、大金を作り出していることに気づいた秘密結社の関心を集めているようだと述べています。


    暴力団だとか秘密結社とか、なんだかこわいですね。


    ゴッドファーザーの行方がわかって、落ち着くまで、こういった繁華街はさけましょうね。

    では、ジョホールバルには、

    こんなギャンブルシンジケートがないのか?


    というと、


    ジョホールバルも違法ギャンブル取締り


    ジョホールバルでも、ギャング団の活動は、負けず劣らず多くあります。

    そして、このようなギャンブルシンジケートの取り締まりは、去年から頻繁に行われており、ニュース記事をにぎわせていました。

    去年、半年ほどで4000件の家宅捜索を行い、1000人以上の連行、9000台ほどのギャンブル機械が取り上げられたなんて記事もありました。

    今年のワールドカップ中にも、これまた、ドラッグも含め、ジョホールバルだけで100人以上が逮捕されていました。

    次々と営業許可証をとりあげられるギャンブル経営店舗のニュースが驚くほど多くありました。


    ギャング団抗争のもと


    なんとも「暗い裏の世界」の出来事のようにおもえますが、

    ニュース記事写真をみて、おどろいたことがありました。

    thestar.com.my

    ショッピングモールのゲームコーナー(アーケード)でみかけるような、
    なんとも子供的な色合いにキャラクター。

    こういったものが「違法ギャンブル」なのか?

    家族向けエンターテイメントを装った賭博シンジケート


    これは、賭博シンジケートと警察との戦いによってあばかれたものです。

    今年、警察が注視しているのは、無免許や期限切れの許可証店舗に、

    通常のコンピューターゲームや電子機器ゲームを、
    専門家によって、ギャンブル用マシーンに変更している店だということです。

    また、家族用娯楽センターへ対し、
    ギャンブルサービスに関わることがないよう警告しているそうです。

    勝手なおもいこみ


    違法シンジゲートなんて響きからは、

    這い上がっていきようのない裏街道をまっしぐらに進むしかないような、

    その横顔も背中もなんだか痛ましくて



    いよっ、健さん!


    なんて、泣き顔で叫びたくなるような物悲しさが、

    あ~、ありませんね~。

    では、スーツ姿の本場ゴッドファーザーかというと


    う~む。

    本来はカトリックでの洗礼時の名付け親として、
    また、マフィアのボス、ファミリーのトップへの敬称である

    ゴッドファーザー

    その在り方からして、

    やはり違うぞ!


    クリック応援おねがいします


    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。



    関連記事:
    2014-10-09

    今年3度目のブキッ・ビンタン爆弾事件

    マレーシア、クアラルンプールの中心繁華街エリア、商業、娯楽地区であるブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)で、昨日10月9日早朝におこった爆発は、この地域での今年3度目の爆弾事件でした。

    ブキッ・ビンタン 手榴弾爆発
    写真記事: nst.com.my


    9月13日7.30am

    スンガイブロー(Sungai Buloh)で、女性が運転していた白いトヨタヴィオスの車体後部が爆発によって破損。

    警察は手榴弾(hand grenade)を発見。

    7月30日5am

    ブキット・ベルントゥンのメラティ工業団地内のパブリック銀行の外で、ガラス、天井に施設が爆発によって破損。

    銀行強盗未遂であったものの、手製爆弾(homemade bomb)を発見。

    そして、昨日、10月9日4.25am

    サンコンプレックス(Sun Complex)の2階部分から投げられたと思われる手榴弾爆発で、カージョッキーの36歳男性が死亡。また、シンガポール、タイ、チャイナを含む13人が負傷となっています。

    その後、2個目の不発手榴弾が車の下で発見されました。


    調査中の現在、内務大臣Datuk Seri Ahmad Zahid Hamidiは、この爆発事件はギャング闘争に関わるもので、テロリズム(テロリスト)との関係はないため、冷静さを保つよう公共に呼びかけています。

    また、警察署長Datuk Tajuddin Md Isa​​は、この地域のパトロールを増やし安全対策向上を実施することから、ナイトライフで有名なブキッビンタンエリアのセキュリティを心配する必要はないと伝えています。


    また、このエリアは、この週末に行われるクアラルンプールマラソン大会のため、車両通行禁止ともなっていますのでご注意ください。


    クアラルンプールマラソン大会


    KLマラソン2014による通行止め地域リスト

    RapidKL LRTでは、スタンダード·チャータードKLマラソンサポートとして、

    日曜日、最初の3時間の乗車が無料になると伝えています。

    10月12日 午前3時~午前6時間

    区間は、Kelana Jaya~Ampang間

    マラソン関係者には、Masjid Jamek LRT駅での下車を勧めています

    - www.themalaysianinsider.com/sports/article/free-3-hour-lrt-rides-for-standard-chartered-kl-marathon#sthash.W127ALy0.dpuf


    クリック応援おねがいします


    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。



    関連記事:

    ステラモール - Sutera Mall

    ステラモール新館の図書館とこわい部屋


    このところ、週に1~2回は行くことのある ステラモールの図書館

    図書館情報はこちら

    ここでの今のお目当ては、すべてはそろってないものの、村上春樹本の読み漁り。

    毎回、読み終わったページをメモライズ。

    ボケ防止のため、がんばって頭をつかうようにしていますが、
    実はかなり大まかにしかおぼえてないことがほとんど。

    ところが、このところ、この「私の本」に、
    私がぜったいにすることのないブックマークがわりの「折り目」があることを発見。

    まったく、本にこんな折り目をつけて。。。と、
    しっかりとしわ伸ばしをしてます。

    その「張本人」の方、お仕置き人は、このわたしです。

    しかし、まさか、ジョホールバルのこんなところで
    村上春樹を読んでいる人がいるとは。

    この小説の「M」コーナー。

    マレーシアの歴史ビデオコーナーが
    目の前にできてしまい、

    なんと、戦時、日本軍にひどいめにあっている
    ドキュメンタリーが流されているのです。

    以前は、その本棚の近くに陣取って読んでいたのですが、
    さすがに、そのサウンドをききながらじっくりと本にひたることもできず、

    今では他コーナーにこもって読んでいるしだいです。

    この新館4階には、なんか恐ろしげで、とっても行く気になれない

    エスケープルーム(Escape@Room)

    なんてコーナーもあります。

    そして近くのショップロットには、ミステリーなんてところもあります。

    ウェブサイトそのものが結構不気味なので、

    こわいもの嫌いの方は
    絶対にクリックしないでください


    このエスケープルーム。

    久々にいったマウントオースティンにもありました。

    オースティンハイツのAkademik Suiteというところへ行ったのですが、

    待ち時間に一階部分のカフェで、
    チーズケーキやラバケーキを楽しんでいると、

    黒いカーテンのむこうから

    きゃ~~~~~~~


    こわいですね。

    みてみたいですね。


    話は、ステラモールにもどりまして、

    同フロアには、子供のプレイエリアに、
    シンガポールからやってきたという赤ちゃん用プールスパまであります。

    もうひとつ気になるのはせっけん屋さん。


    10月イベント


    10月23~26日、この4階ではArt Festivalが行われ、

    また、10月中は、ディパバリフェスティバルもかねて、いろいろなイベントが行われています。

    ステラモール ジョホールバル



    このステラモール、

    おもしろいほど、なかなかの洋服におもちゃ等が揃います。

    以前は「カーフォー(フランス)」だったスーパーマーケットは「ビッグ(日本)」に。

    そして、まわりのショップロットには、
    ペランギ、マウントオースティンでみられるような食べ物屋もたくさんあり、

    街中のKSLを平たくして、ゆったりとした感じで、
    人はどんどんと増えてはいるものの、

    メジャーショッピングモールのように、
    中央が空洞になっている部分が少ないこともあるのか、
    人よいすることもなく、結構気に入ってます。

    本館と新館は、2階、3階で連結しています。

    ステラモール・ジョホールバル

    SUTERA MALL
    1 Jalan Sutera Tanjung 8/4,
    Taman Sutera Utama,
    81300, Skudai, Johor, Malaysia.
    Telephone : (60)7-558 9009イベント情報



    タマンステラの食べ物どおり


    ジョホールカキのTaman Sutera Utamaカテゴリーで、
    何ページにもわたって、古いお店から新しいお店まで
    はばひろく紹介してありますので、ステラモールへ行く際は、ぜひ、チェックを!

    この中のいくつかのお店、私はもう行かないな~と思ったようなところ、わりと空いています。
    混んでるか空いているか、これが、マレーシアでおいしい食べ物屋を嗅ぎ分けるひとつの方法です。

    この2年間、盆踊りもこのステラモール近くの広場で行われています。


    クリック応援おねがいします


    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。



    関連記事:

        2014-10-07

        ジョホールバルのリトルインディア

        きのう、コタラヤ近辺へ行ったのですが、再来週10月22日のディパバリ - Deepavaliに向け、非常ににぎあっていました。

        勝手に命名しているJBのリトルインディア通りのジュエリーショップも大賑わい。

        主に金のアクセサリーですが、白金もあります。

        その賑わいぶりは、「ゴールドラッシュ」なんてタイトルで、
        ゴールドの価格が4年ぶりにおちたこともあるようです。

        マレーシア ゴールドラッシュ

        去年のディパバリ時期の金の価格はRM135(1gm)、現在はRM122.5となっているとのこと。

        (写真と価格内容はTheStar.com.myより)


        で、

        私も、ゴールドを探しにリトルインディアへ。

        いえいえ。

        花より、金より、「だんご」

        ってことで、お昼放浪していただけです。

        単に、リーズナブルでエアコンのきいたところで
        インディアンフードを食べたくて、

        DoubleTree by Hiltonの斜め向かいにあり、
        子供たちが、近くの幼稚園へ通っていたころから、
        プリロティティッシュラバマサラトセを求めて通っていた
        Amma Restaurantへ行っただけなんです。

        164, Jalan Ngee Heng 80000 Johor Bahru
        Open: 07:30 - 22:30
        Phone: 07-221 1909

        このアマは、昼間でもパン系が食べられる数少ないインドカレーハウス

        さすがに、ディパバリの買い物客なのでしょう、大混乱だったので、

        ちょっと遠くなって昼間はパン系はないけれど、

        エアコンのきいたリーズナブルなインディアンレストランでは、
        一番おいしいんじゃないかなと思う、

        Jalan Skudai沿い、タンポイ・インダのKip Mart近くにあるAgnee'sに行ってきました。

        時間帯は2時を過ぎていたので、もう空いているだろうと思いきや、
        ここタンポイインダにもインディアン系ショップが多くあって、
        やはりディパバリ用買い物でにぎわっていたこともあるのでしょう。
        まだまだ混んでいて、しばらく外でまつこととなりました。

        人気のブリヤニはすでに終了で、バナナリーフに
        いか(スクイドカレー)、チキンマサラ、魚、ビタゴート(苦瓜)フライ、チックピーをチョイス。

        そして、プレーンラッシーマサラティを食後に。

        夕方いくと、ロティはもちろんタンドリ北部インディアン料理も選択できます。


        Agnees's Cuisine Indian Restaurant
        Address: 33, Jalan Titiwangsa 3/3, Taman Tampoi Indah, Johor 81200
        Phone: 07 235 5063


        ジョホール全体で、レストラン、カフェ近辺でのひったくり強盗の話がまた増えてきています。特にフェスティバル近くになると増える強盗。

        昼間であっても油断せず、まわりの状況をよ~くみてから車の乗り降り、歩く際も気をつけましょう。


        クリック応援おねがいします


        翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。



        関連記事:
          2014-10-01

          ジョホールバルからシンガポールへの通行料が値上げ(2014年10月)

          今年8月のシンガポールのVEP(Vehicle Entry Permit fee - 車輌入国許可料金)値上げ
          • 1日S$20(約RM50)かS$35(約90RM)

          同日の、ジョホールバル側、Toll charge(通行料)値上げ
          • マレーシア入国時のRM2.90のみから出入国時合計16.50RM

          そして、本日10月1日施行のシンガポール、ウッドランズのToll Charges(通行料)値上げ
            • ウッドランズポイント入国時S$3.80、出国時S$2.70合計S$6.50(約17RM

            シンガポールへ自家用車で行く際、1日の交通費が
            • S$21.2 (約50RM)+2.90RM 50RM から
            • S$41.5(約105RM)+16.5RM およそ120RM への変更



            日本円でいうと、 1500円から3600円への値上げ。

            ジョホールバル-シンガポール間のドアtoドア片道(空港含む)サービスが、これまでのRM160~200からRM250~300へ値上げという不満が高まるのも仕方がありません。


            ジョホールバルの8月1日以降のToll - 通行料値上げについては、シンガポールがVEPをあげたから、では、JBも負けじといった感があり、先に価格をひきあげたシンガポールは不満をのべ、ジョホールバルは上客をのがすことになってしまうとおどしているかのような勢いでした。

            マレーシア車輌と比較しても、値上げ率がまったく低いシンガポールのキアス*ぶりが、やはりこんなところでもみえてしまいます。

            Putrajaya(プトラジャヤ)によると、ジョホール州よりひきついだ高速道路Eastern Dispersal Link (EDL)を通行無料を保つために、膨大な予算が必要で、他の州とのつりあいのために、コーズウェイの通行料を値上げすることにしたとのこと。

            このあたりは、もともと、イスカンダー計画の莫大な予算はどこへいったのだろうとか、なんだかんだと反論ももちろんでてきているとは思いますので軽く流しましょう。



            8月以降、今年にはいって混雑がひどく、3~4時間かかっていたシンガポール行きは、ちょっと以前のように1~2時間ほどで行き来ができるようになっています。

            しかし、8月以降のジョホール州の中小企業からの不満は、この新たな値上げを受けて雪だるま式に商売が落ち込むのではないかとの焦燥感となっている記事もすでにでています。

            で、本日の朝のコーズウェイの様子はというと(straitstimes.com)

            10月1日朝7時半 - ジョホールバル市街からコーズウェイへ

            ジョホールバルからコーズウェイへ シンガポール通行料値上げ
            straitstimes.com
            10月1日朝8時 - ジョホールバルCIQチェックポイント

            シンガポール通行料値上げ ジョホールバルCIQからコーズウェイへ
            straitstimes.com

            すいてます。

            しかし、9月のはじめにでまわった通行料値上げ説はうそであったとの情報があったものの、やはり値上げ。しかも、その間、マレーシアとシンガポール間で協議が行われています。

            さて、これからの数ヶ月、1年間でまた料金の変更がでるのか。

            前回の値上げのあったVEPとジョホール側での通行料、そして、本日、10月1日から施行となる新Toll Charges(通行料)をまとめます。


            シンガポール側VEP、Toll新料金


            VEP(Vehicle Entry Permit fee - 車輌入国許可料金)は、
            シンガポールへ入国するすべての国外登録車やバイクに、1日単位で適用されます。

            また、各国外登録車やバイクは、これまでと同じく、
            各カレンダー年ごと、10日間の料金支払不要日が与えられます。

            車輌タイプ
            VEP Fees at Tuas Checkpoint & Woodlands Checkpoint
            月曜日 – 金曜日
            (2am – 5pm)*
            月曜日 – 金曜日
            (5pm – 2am*)
            土曜日、日曜日と
            シンガポール祝日
            車輌
            S$35/1日
            VEP無料
            バイク
            S$4/1日

            * シンガポールの中間、年末スクールホリディ期間、VEP料金の適用は2am – 12pm


            Toll Charges(通行料)は、
            自国、国外登録車すべてに適用され、通過ごとに課金されます。

            • Tuas Checkpoint(セカンドリンク) – 入国出国時に通行料課金
            • Woodlands Checkpoint(ウッドランズ) – 2014年10月1日以降、入国時通過料が新たに加わり、出国時通行料金は変更となっています。

            車輌タイプ
            Tuas Checkpoint (出国時) Tuas Checkpoint
            (
            入国時)
            Woodlands Checkpoint
            (
            出国時)
            Woodlands Checkpoint
            (
            入国時)
            Motorcycles
            S$0.50
            S$0.50
            -
            -
            Cars
            S$3.20
            S$3.20
            S$3.80
            S$2.70
            Vans/Light Goods Vehicles*
            S$7.40
            S$7.40
            S$5.80
            S$4.00
            Heavy Goods Vehicles
            S$14.70
            S$14.70
            S$7.70
            S$5.30
            Taxis
            S$2.50
            S$2.50
            S$1.90
            S$1.40
            Buses
            S$3.90
            S$3.90
            S$3.10
            S$2.20
            * Vans/Light Goods Vehicles are defined as those having 2 axles or 6 wheels or less.


            シンガポールでの料金チェック

            車輌タイプ、シンガポールへの入出国日、時間帯を入力すると

            VEP Fees & tollsを計算してくれます。

            ありがたいやら、わざわざ計算してまで、シンガポールへ行くかどうかを考えろってことなのか、なんだか不思議です。


            オートパスカード(Autopass Card)


            ジョホールバルよりシンガポールへ車で入国する際は、ストアドバリューカードでもある電子車両入国許可として機能するオートパスカード(Autopass Card)が必要です。

            自家用車でシンガポール入国はAutopass(オートパス)
            オートパスについて(英語)


            このオートパスカードは各登録車毎に発行されるため、
            車両を変更した際は、古いオートパスカードは払い戻しをし、
            新しいカードを購入する必要があります。

            用途:

            • 車両入国許可(VEP)の手数料
            • トールチャージ(通行料金)
            • 有料自動料金システム(Electronic Road Pricing - ERP)費用
            • オートパス受付可能駐車場・ショップ等

            オートパスカードの、別の車両での利用は違反となりますので、ご注意ください。


            オートパスカードの購入


            オートパスカード未登録車両でシンガポールへ行く際は、その登録購入のために、次の書類が必要となります。

            オートパス申込者名と道路税証の名義者は、
            同じである必要はありません。

            ローン支払い中の車両の場合、道路税証(Road Tax)はファイナンス会社で保持している場合がほとんどだと思いますが、オートパスカード購入の目的等で道路税証を一時あずかることができます。

            また、レンタルやリースカーの場合は、オートパスをお願いすると手配してくれるところがほとんどのようですが、中には、シンガポールへはいけないといわれる場合もあったりするようです。


            コーズウェイ、チュアス(セカンドリンク)を渡りきると

            シンガポールの車両用入国審査ポイントです

            パスポートを審査の際、

            オートパスカードがない旨を伝えると、


            そのパスポートポイントを過ぎてすぐの検問所(RED Zone)近くにある、オフィスへいくように指示があります。

            カード購入費用は、S$10で、S$6は返金付加のカード費用となり、利用可能なキャッシュ価値はS$4のみとなりますので、シンガポール内で、必ずトップアップをしておきましょう。

            トップアップ限度はS$500

            オートパスの使い方


            シンガポール入国時、出国時の各チェックポイントで、


            パスポート提示の際、ブースに設置されたカードレコーダーに、オートパスを挿入します。

            出国の時点で、自動的に、VEP(車両入国許可費用)、出入国時にそれぞれのToll Fee(通行料)にシンガポール内の有料高速(ERP)料金が引き落とされます。

            オートパスの有効期限


            有効期限は5年間です。発行時にカード上に油性ペンで期限年を書いてくれますが、トップアップの際のレシート、もしくは、チェックポイントのVEPオフィスにて確認できます。

            また、申し込み時のRoad Tax(道路税証)の有効期限がきれた際も、更新したRoad Taxと保険証書をもって、申し込みオフィスへ行く必要がありますので、新しい道路税証/保険証書コピーを車に常備していると便利です。


            オートパスの残高確認


            iNET kioskやNETセルフサービストップアップマシーンにて確認できます。


            オートパスカードのリファンド(返金)


            リファンド申し込み場所
            • 各チェックポイントの車両入国許可(VEP)オフィス
            • LTA事務所 - 10 Sin Ming Drive
            • LTAに必要書類を郵送 - LTA at 10 Sin Ming Drive, Singapore 575701

            提出書類
            • オリジナルオートパスカード
            • 還付申請者のパスポート/ICコピー
            • 還付申込書

            オートパスのトップアップ場所、利用可能場所については、こちらから


            ジョホールバル、コーズウェイのToll Charges(通行料)


            もともとToll料金の高かったTuas(セカンドリンク)は据え置きですが、

            コーズウェイ側イミグレーションのToll charge(通行料)は8月1日から値上げとなっています。

            一般乗用車のToll charge(通行料)はマレーシア入国時のRM2.90のみでしたが、この8月1日から往復合計RM16.50となり、

            タクシーはRM1.40からRM8.20に値上げ。

            バスは、RM2.30からRM13.30。

            このToll charge(通行料)の支払いには、

            Touch 'n Go(タッチアンドゴー)プリペイドカードが必要です。

            ジョホールバルへの車輌での入国審査の際リロードすることが可能ですが、
            レーンに限りがあるため、シンガポールへ自家用車を運転して往復する際は、事前に必ず、Touch 'n Goカードの購入、リロードを行ってください




            ジョホールバルからシンガポールへ自家用車で行く際の必需品:

            • パスポート
            • イミグレホワイトカード(シンガポール入国用)
            • Autopass Card(シンガポール)
            • Touch 'n Go(マレーシア)
            • 道路税、車保険証書(Autopass申し込み時、道路税更新後)

            *キアス - KIASU(kee-ah-soo)
            Hokkien adjective literally meaning, "afraid of losing". A highly pejorative description beloved of Singaporeans. Possibly our defining national characteristic. The nearest English equivalent is "dog in a manger", though even that is pretty mild.
            "You went to get a handicapped sticker just to chope a parking space? How kiasu can you get?"


            クリック応援おねがいします


            翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。



            関連記事: