Google+
2015-06-22

ジョホールバルからシンガポールへの交通案内とオートパス

ジョホールバルからシンガポールへ


ジョホールバルからシンガポールへの交通手段は、乗用車、タクシー、バスに列車等(*シャトル・トレイン・サービス)から選択できます。

ジョホールバルへの交通案内は、こちら

乗用車でシンガポールへ入国するには、各自動車に付属するIDキャッシュカードのようなオートパスカード(Autopass)タッチアンドゴー(Touch 'n Go)カードが必要で、購入方法等は記事後半部を参照ください。

料金比較概要

ジョホールバルからシンガポールへの大まかな料金比較です。
2014年から2015年にかけて、大幅な値上げが行われています。
現行料金は、それぞれのサイトにて確認ください。

  • 予約制送迎リムジンタクシー(空港、市内 Door to Door):RM200~300(片道)
  • ラーキン(JB)からクィーンズ・ストリート(SIN)への国際タクシー
    • 乗り合い:RM20(一人)
    • 専用:RM80(一台)
  • ブギス駅(クィーンズ・ストリート)からチャンギ空港へのMRT:SD2
  • ラーキン、CIQからチャンギ空港への直行バスRM10
  • ラーキン、CIQからクィーンズ・ストリートへのバスRM3.40
  • コーズウェイ、シャトル・トレイン(ウッドランズ・チェックポイントまで):RM5
  • 乗用車でのシンガポールへの日帰り費用:約RM140(約RM50
    • マレーシア側通行料: RM16.50
    • シンガポール1日滞在: SD46.5(約RM120)
    • 土日に平日夕方5時以降はSD11.5(約RM30)*
      *シンガポールの車両入国料(VEP)に通行料(Toll)は、曜日、時間帯、場所によって変わります。―オンラインで、車輌タイプ、入出国日、時間帯を入力すると料金を提示してくれるVEP Fees & tollsチェッカー

    ジョホールバルからチャンギ空港へ


    直行バス:トランスタークロス・ボーダー(Transtar Cross Border Service)


    TS1:ジョホールバルCIQ / ラーキン・ターミナルとチャンギ空港間コーチ

    片道費用
    • ジョホールバル -> チャンギ空港: RM10(大人)
    • チャンギ空港 -> ジョホールバル: S$10(大人)
    • 支払いは ezLink card か現金にて

    時間帯と時刻表
    • ジョホールバル -> チャンギ第一出発時間空港:5.00am
    • チャンギ空港 -> ジョホールバル第一出発時間:7.15am
    • 最終時間:9.00pm、11.15pm
    • Transtar Cross Border - コーチバス時刻表確認サイト
      クリックマーク - Please click - にて、
      最新版時刻表、料金表を確認ください

    コーズウェイの渋滞が気になった際、利用しました。
    CIQで出国審査のあと、TSバス専用の枠へ向かって、乗車の際、料金を支払います。(ラーキン、コタラヤからの乗車は、切符を提示)
    渋滞の中、バス専用車レーンでスムーズに、自宅から空港まで2時間以内で到着。
    コーズウェイバス(CW)や170バスと違って、1~2時間に1本のバスなので、シンガポールのイミグレチェックのあとは、同じバスが最後となった私たちを待っていてくれました。

    詳細は、下記チャンギ空港ウェブサイト各ページにて確認ください。
    • Coach to Johor Bahru, Malaysia - コーチバスでジョホールバルへ
      • Changi Airport TS1 Pick Up Points:
        - Terminal 1 : Arrival Hall Coach Bay 12
        - Terminal 2 : Arrival Hall Coach Bay 09 / 10
        - Terminal 3 : Arrival Hall Coach Bay 1

    TS8:ジョホールバルCIQ / ラーキン・ターミナルからリゾート・ワールド・セントーサ(RESORTS WORLD SENTOSA)への直行バス

    片道費用
    • ジョホールバル -> リゾート・ワールド・セントーサ: RM7(大人)
    • リゾート・ワールド・セントーサ -> ジョホールバル: S$7(大人)
    • 支払いは ezLink card か現金にて

    時間帯と時刻表
    • Transtar Cross Border - コーチバス時刻表確認サイト(平日、休日にて変更)
      クリックマーク - Please click - にて、
      最新版時刻表、料金表を確認ください

    タクシー:

    シンガポールへのタクシーは、ジョホールバルのラーキン・バス・ターミナル(コタラヤからはマレーシア運営のタクシーのみで、シンガポール運営はラーキンのみで利用可能)からの乗り合いか貸切タクシーで、MRT(地下鉄)ブギス駅近くのクィーンズ・ストリート(Queen St.)ターミナルまで行く方法と、自宅からチャンギ空港を含め、各目的地まで送迎可能な予約制リムジンタクシーから選択。
    • ラーキンからクィーンズ・ストリートへの国際タクシー
      • 乗り合い: RM20
      • 専用: RM80

    シンガポールのタクシー会社、緊急の際、利用しました。
    オンライン予約画面にて、コミュニケーションがオンとなっていたことが幸いして、連絡後、1時間ほどでチャンギ空港へ来てくれました。
    ドライバーは、ジョホールバルへ帰宅する人で、安全運転、すっきりした対応で、非常に満足のサービスで、料金はSD90でした。

    ジョホールバルからシンガポールの街中へ

    オーチャード、マリナベイ等中心街、また、チャンギ空港からのアクセスにも便利なブギスMRT駅近くにあるクィーンズ・ストリートQueen St.バスターミナル、タクシースタンドへは、ラーキン・バスターミナルから、バス(CIQからの乗車も可能)国際タクシーを利用できます。

    他、クランジ、ジュロング・イーストからセカンドリンクへのバスルートも確認できます。
    バスの現金支払いは、おつりがでませんので、小銭が必要です。

    MRTブギス駅からクィーン・ストリート・バス・ターミナルへ
    クィーン・ストリート・バス・ターミナルからMRTブギス駅

    グーグル・マップで確認

    ジョホールバルのイミグレーション(CIQ)、ラーキン・バスターミナル他ヌサジャヤ方面からのバスは、黄色いコーズウェイバス(CW)オレンジ/紫のSBS Transit(170)を利用します。

    タクシー乗り場、バス乗り場の入り口で、それぞれの切符を購入します。

    バスの切符は、ジョホールバルの出国審査でバスを降り、イミグレ通過後のバス乗り場で、それぞれの会社(CWかSBS)バスに乗る際に必要なので、最終地まで保持してください。

    実際に、切符の提示を求められることはあまりないようですが、切符がない場合は、また、支払いが必要です。

    コーズウェイリンク・バス料金とルート



    上記リストをクリックするとコーズウェイリンクのサイト上で、シンガポール・バス・リストの希望バス「GO」をクリックすると、ルートと料金を確認できます。

    • CW1:ラーキン(Larkin)/CIQ <--> クランジ(Kranji MRT)
    CW1 Day First Bus Last Bus Service Frequency (Approx.) Fare (Max)
    JB CIQ Daily 4:15 23:00 15-30 mins RM1.90
    Kranji Daily 4:30 23:30 15-30 mins S$1.50

    • CW2:ラーキン(Larkin)/CIQ <--> クィーン・ストリート(Queen Street)
    CW2 Day First Bus Last Bus Service Frequency (Approx.) Fare (Max)
    JB CIQ Daily 4:15 23:00 15-30 mins RM3.40
    Queen Street Daily 6:00 23:45 15-30 mins S$3.30

    • CW3:ラーキン(Larkin)/2nd Link <--> ジュロング・イースト(Jurong East Bus & MRT)
    CW3 Day First Bus Last Bus Service Frequency (Approx.) Fare (Max)
    Perling Mall
    パーリン・モール
    Mon - Fri 4:35 21:50 According to schedule RM5.20
    Sat 4:55 21:30 According to schedule RM5.20
    Sun & PH 5:00 21:40 According to schedule RM5.20
    Bukit Indah
    ブキ・インダ
    Mon - Fri 5:15 22:00 According to schedule RM5.00
    Sat 5:20 22:00 According to schedule RM5.00
    Sun & PH 5:20 22:00 According to schedule RM5.00
    Jurong East Mon - Fri 7:10 23:45 According to schedule S$4.00
    Sat 7:30 23:45 According to schedule S$4.00
    Sun & PH 7:30 23:45 According to schedule S$4.00


    • CW3S:Terminal TUTA <--> CIQ 2nd Link(ステラモール、ブキ・インダ方面)

    • CW4:Pontian - Gelang Patah - Jurong East(ポンティアン、ゲラン・パタ、ジュロン・イースト)
    • CW4G:GP Sentral <--> CIQ 2nd Link
    • CW4S:Sutera Mall <--> Gelang Patah <--> Jurong East
    • CW5:Johor Bahru Customs(CIQ) <--> Newton Circus
    • CW6:ラーキン(Larkin) < -- > Boon Lay(日本庭園、サイエンス・センター方面)

    SBCトランジットのサイトでは、ジョホールバルのバス案内のみでなく、シンガポールのバスルート、料金が確認できます。


    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

    Ad



    シャトル・トレイン


    2015年7月1日より、コーズウェイのジョホールバル・セントラル(CIQ)ウッドランズ(Woodlands)にて、シャトル・トレイン・サービスが開始。
    • サービス時間帯:朝5時半~夜11時間に7往復
    • 料金
      • ジョホールバル―>ウッドランズ: RM5
      • ウッドランズ―>ジョホールバル: SD5
    • チケット購入:KTM駅にて、もしくはオンライン・チケット購入も可能
      • KTMB e-チケット
      • easybook.com - マレーシア、シンガポール間のバス、トレインのルート(コーズウェイ・シャトルバスも含む)、料金検索にオンライン予約が可能で便利です。

    このシャトル・サービスの開始にともない、これまでのウッドランズへの鉄道サービス(Butterworth-Woodlands、KL Sentral-Woodlands、KL Sentral-Woodlands、Gemas-Woodlands)は、ジョホールバル・セントラル(CIQ)が発着地となります。

    シャトル・トレイン・サービス時刻表
    2015年6月15日発表時、KTMホームページにて確認ください
    このシャトルトレイン・サービスの使い勝手?

    乗車時間は、ほんの5分で、車やバスに比べて大幅な時間短縮が望めそうです。

    ただ一つの難点は、到着地、ウッドランズ・トレイン・チェックポイント(Wodlands Train Checkpoint)駅というのは、シンガポールの便利なMRTと直結していません。(両国間の親しみ度がうすいのでしょうか)

    ウッドランズ・トレイン・チェックポイントからシンガポールへ

    MRTウッズランド駅よりも近いマーシリング駅(Marsiling)でも約1.5km。歩ける距離ではありますが、通常は、トレイン・チェックポイント駅より、170バスにてクィーンストリート、クランジ駅(Klanji)、また、目的地別のバスを利用することになります。

    ウッドランズ・トレイン・チェックポイントからシンガポールへ

    もちろんタクシー乗り場もあります。

    シンガポール各地までの経路は、コーズウェイからのバスルートと同じになるため、料金的にはジョホールバルからのバス利用よりも高くなりますが、コーズウェイ混雑時には、両国間の出入国審査の長蛇の列を考えても、非常に助かる交通手段になると思います。

    ジョホールバルからシンガポールへ自家用車で

    自家用車で行く際に必要なもの
    • パスポート
    • イミグレホワイトカード(シンガポール入国用、マレーシアは不要)
    • Autopass Card(シンガポール)-以下に購入使用方法説明
    • Touch 'n Go(マレーシア)-以下に購入使用方法説明
    • 道路税、車保険証書(Autopass申し込み時、道路税更新後)

    2013~14年にかけて、渋滞がひどく、3~4時間かかっていたシンガポール行きが、VEPにToll料金の再度値上がりが行われた2014年10月1日以降、以前のように1~2時間ほどで行き来ができるようになっている感がありますが、VEP料金がかからない土日祝日に夕方5時以降の混雑は、まだまだ続いています

    10月1日朝7時半 - 値上がり後のジョホールバル市街からコーズウェイへ

    ジョホールバルからコーズウェイへ シンガポール通行料値上げ
    straitstimes.com

    10月1日朝8時 - ジョホールバルCIQチェックポイント

    シンガポール通行料値上げ ジョホールバルCIQからコーズウェイへ
    straitstimes.com

    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

    Ad



    シンガポール側VEP、Toll新料金

    VEP(Vehicle Entry Permit fee - 車輌入国許可料金)は、
    シンガポールへ入国するすべての国外登録車やバイクに、1日単位で適用されます。

    また、各国外登録車やバイクは、これまでと同じく、
    各カレンダー年ごと、10日間の料金支払不要日が与えられます。

    車輌
    タイプ
    VEP料金-Tuas(セカンドリンク) & Woodlands(ウッドランズ)
    月曜日 – 金曜日
    (2am – 5pm)*
    月曜日 – 金曜日
    (5pm – 2am*)
    土曜日、日曜日と
    シンガポール祝日
    車輌
    S$35/1日
    VEP無料
    バイク
    S$4/1日

    * シンガポールの中間、年末スクールホリディ期間の月~金曜日、12pm – 2amはVEP無料

    Toll Charges(通行料)は、
    自国、国外登録車すべてに適用され、通過ごとに課金されます。

    • Tuas Checkpoint(セカンドリンク) – 入国出国時に通行料課金
    • Woodlands Checkpoint(ウッドランズ) – 2014年10月1日以降、入国時通過料が新たに加わり、出国時通行料金は変更となっています。

    車輌タイプ
    Tuas Checkpoint (出国時) Tuas Checkpoint
    (
    入国時)
    Woodlands Checkpoint
    (
    出国時)
    Woodlands Checkpoint
    (
    入国時)
    Motorcycles
    S$ 0.50
    S$ 0.50
    -
    -
    Cars
    S$ 3.20
    S$ 3.20
    S$ 3.80
    S$ 2.70
    Vans/Light Goods Vehicles*
    S$ 7.40
    S$ 7.40
    S$ 5.80
    S$ 4.00
    Heavy Goods Vehicles
    S$ 14.70
    S$ 14.70
    S$ 7.70
    S$ 5.30
    Taxis
    S$ 2.50
    S$ 2.50
    S$ 1.90
    S$ 1.40
    Buses
    S$ 3.90
    S$ 3.90
    S$ 3.10
    S$ 2.20
    * Vans/Light Goods Vehicles are defined as those having 2 axles or 6 wheels or less.

    シンガポールVEP、Toll料金チェック

    シンガポールへのVEP(Vehicle Entry Permit fee - 車輌入国許可料金)に、Toll(通行料)費用は、車輌タイプ、場所(ウッドランズかセカンドリンクか)、入出国日、時間帯によって、上述のように変わります。

    オンラインにて、日付、時間帯等を入力することによって料金がわかります。

    VEP Fees & tollsを計算

    ありがたいやら、わざわざ計算してまでシンガポールへ行くかどうかを考えろってことなのか。

    オートパスカード(Autopass Card)


    ジョホールバルよりシンガポールへ車で入国する際は、ストアドバリューカードでもある電子車両入国許可として機能するオートパスカード(Autopass Card)が必要です。

    自家用車でシンガポール入国はAutopass(オートパス)
    オートパスについて(英語)

    このオートパスカードは各登録車毎に発行されるため、
    車両を変更した際は、古いオートパスカードは払い戻しをし、
    新しいカードを購入する必要があります。

    用途:
    • 車両入国許可(VEP)の手数料
    • トールチャージ(通行料金)
    • 有料自動料金システム(Electronic Road Pricing - ERP)費用
    • オートパス受付可能駐車場・ショップ等

    オートパスカードの、別車両での利用は違反となりますので、ご注意ください。

    オートパスカードの購入

    オートパスカード未登録車両でシンガポールへ行く際は、登録購入に、次の書類が必要となります。

    購入場所

    コーズウェイ、チュアス(セカンドリンク)を渡りきると
    シンガポールの車両用入国審査ポイントです
    1. パスポート入国審査の際、オートパスカードがない旨を伝える
    2. パスポートポイントを過ぎてすぐの検問所(RED Zone)近くのオフィス

      カード購入費用: S$ 10
      S$ 6は返金付加のカード費用
      利用可能なキャッシュ価値はS$ 4のみとなります。

      シンガポール内で、必ずトップアップ
      をしておきましょう。

      トップアップ限度はS$ 500

    オートパス申込者名と道路税証の名義者は、
    同じである必要はありません。

    ローン支払い中の車両の場合、道路税証(Road Tax)はファイナンス会社で保持している場合がほとんどだと思いますが、オートパスカード購入の目的等で道路税証を一時あずかることができます。

    また、レンタルやリースカーの場合は、オートパスをお願いすると手配してくれるところがほとんどのようですが、中には、シンガポールへは行けないといわれる場合もあったりするようです。

    また、中古車を購入した場合は、オートパスカードも共に譲り受けることがありますが、シンガポールへ入国の際、以前の多額の交通罰金を請求されたなんてケースもあります。しっかりと、購入日を証明しましょう。

    オートパスの使い方

    シンガポール入国時、出国時の各チェックポイントで、

    パスポート提示の際、ブースに設置されたカードレコーダーに、オートパスを挿入します。

    出国の時点で、自動的に VEP(車両入国許可費用)、出入国時にそれぞれのToll Fee(通行料)にシンガポール内の有料高速(ERP)料金が引き落とされます。

    オートパスの有効期限

    有効期限は5年間です。発行時にカード上に油性ペンで期限年を書いてくれますが、トップアップの際のレシート、もしくは、チェックポイントのVEPオフィスにても確認できます。

    また、申し込み時のRoad Tax(道路税証)の有効期限がきれた際も、更新したRoad Taxと保険証書をもって、申し込みオフィスへ行く必要がありますので、新しい道路税証/保険証書コピーを車に常備していると便利です。

    オートパスの残高確認

    iNET Kiosk や NETセルフサービス・トップアップ・マシーンにて確認できます。

    オートパスカードのリファンド(返金)

    リファンド申し込み場所
    • 各チェックポイントの車両入国許可(VEP)オフィス
    • LTA事務所 - 10 Sin Ming Drive
    • LTAに必要書類を郵送 - LTA at 10 Sin Ming Drive, Singapore 575701

    提出書類
    • オリジナルオートパスカード
    • 還付申請者のパスポート/ICコピー
    • 還付申込書

    オートパスのトップアップ場所、利用可能場所については、こちらから

    ジョホールバル、コーズウェイのToll Charges(通行料)


    このToll charge(通行料)の支払いには、

    Touch 'n Go(タッチアンドゴー)プリペイドカードが必要です。

    ジョホールバルへの車輌での入国審査の際リロードすることが可能ですが、
    レーンに限りがあるため、シンガポールへ自家用車を運転して往復する際は、出発前に、マレーシアでTouch 'n Goカードの購入、リロードをおすすめします



    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。



    関連記事:
    2015-06-21

    ジョホールバル、ラーキン、タンポイ地域での土砂崩れ


    nst.com.my

    Google map

    ラーキン・バス・ターミナルから北西に位置するカンポン・タハナ(Kampung Tahana 2, Jalan Padu, Larkin )。

    日本の企業も含め、この近くのタンポイ・エリアではいくつかの工場がありますが、そのまわりでの住宅地の開発が行われており、地図でもおわかりのように赤土がいたるところに出現しています。

    この地域は、以前、よく通っていたのですが、そんなに急斜面や小高い丘があるわけでもなく、このごろの異常な乾期と少し前の異常な大雨にも関連があるのでしょうか。

    真夜中、6軒の家が被害を受けましたが、子供4人を含む24名は、土砂の中、崩れた家々から抜け出すことができたようで、幸いにも重症といった被害者はありませんでした。


    ジョホール市街地では、開発工事がすすむにつれて大雨洪水道路灌水のみならず、ペナン、KL、キャメロン・ハイランドに引き続いてしまうのか、土砂崩れまで発生。

    通常の道路に建築物でさえ安心感のないジョホールバル。

    ジョホールバル全体にちらばる予定の地下鉄、大丈夫なのであろうか。

    どうか、バス路線と、シンガポールとのシャトルトレインの向上に努めてほしいものです。


    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。


    関連記事:

    マレーシアとシンガポール間高速鉄道(HSR)の発着地はジョホールバル?



    高速鉄道(HSR)の工期の遅れは、マレーシアをご存知の方には全く驚きでないのが、なんとも悲しいところ。

    先月5月に、シンガポールより、鉄道発着駅を 当初の希望地シンガポール中心街ではなく、その工程や新たな発展地となることを考えてジュロンにするといったことを受け、マレーシア側で、ジョホールバル を発着地としてシンガポールまでは通さないなんて、誤った発表が行われました。

    シンガポールからの驚きと反論を受け、いやいや、それは勘違いですと、もちろん、シンガポールの利益となるよう、意見を尊重したいと改めて発表がありました。

    シンガポールとつながる地下鉄はどうなのよ



    こちらも2018年にできるなんていってましたが、2020年も無理でしょう。

    ジョホール市街地では、開発工事がすすむにつれて大雨洪水道路灌水のみならず、ペナン、KL、キャメロン・ハイランドに引き続いてしまうのか、土砂崩れまで発生

    通常の道路に建築物でさえ安心感のないジョホールバル。

    ジョホールバル全体にちらばる地下鉄。

    ブルブルブル

    どうか、バス路線と、シンガポールとのシャトルトレインの向上に努めてほしいものです。

    Ad



    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。


    関連記事:

    シャトル・トレイン運行でコーズウェイ違法横断者が消えるのか

    ジョホールバルとウッドランズ間でシャトル・トレイン・サービス開始


    マレーシア鉄道公社(KTMB)は、来る7月1日より、ジョホールバル・セントラル(CIQ)ウッドランズ(Woodlands)間でのシャトル・トレイン・サービスを開始します。

    このサービスは、毎日、朝5時半~夜11時間に7往復を予定してあり、この2年近くのコーズウェイの異常な交通渋滞の緩和に役立つであろうと伝えています。

    シャトル・トレイン・サービス時刻表

    2015年6月15日発表時、KTMホームページにて確認ください

    • サービス時間帯:朝5時半~夜11時間に7往復
    • 料金
      • ジョホールバル―>ウッドランズ: RM5
      • ウッドランズ―>ジョホールバル: SD5

    このシャトル・サービスの開始にともない、これまでのウッドランズへの鉄道サービス(Butterworth-Woodlands、KL Sentral-Woodlands、KL Sentral-Woodlands、Gemas-Woodlands)は、ジョホールバル・セントラル(CIQ)が発着地となります。

    このシャトルトレイン・サービスの使い勝手?

    乗車時間は、ほんの5分で、車やバスに比べて大幅な時間短縮が望めそうです。

    ただ一つの難点。

    到着地、ウッドランズ・トレイン・チェックポイント(Wodlands Train Checkpoint)駅というのは、シンガポールの便利なMRTと直結していません。(両国間の親しみ度がうすいのでしょうか。いやいやいまさら、そんな皮肉な)

    ウッドランズ・トレイン・チェックポイントからシンガポールへ

    MRTウッズランド駅よりも近いマーシリング駅(Marsiling)でも約1.5km。

    歩ける距離ではありますが、通常は、トレイン・チェックポイント駅(ウッドランズ・チェック・ポイント)より、170バスにてクィーンストリート、クランジ駅(Klanji)、また、目的地別のバスを利用することになります。

    ジョホールバルからシンガポールへの交通案内にて、このシャトル・トレイン・サービスを含めた交通手段別料金比較を確認できます。


    (2015年7月3日更新)

    7月1日開通初日のシャトル・トレインの利用状況は、ジョホールバルからの朝の通勤時間帯は満席。シンガポールからの朝の便はがらがらであったとのこと。

    写真 (c) StraitsTimes


    シンガポールへの通勤、通学時間短縮に非常に役立っているようです。

    ただ、ジョホールバル出発のシャトル・トレインは大反響であったものの、コーズウェイ渋滞の解決には役立たなかったようだと伝えてあります。

    コーズウェイの渋滞状況から、1時間に1本のシャトル・トレインでは、とても太刀打ちできないのは、かなり明らかかと。

    また、このシャトル・トレイン・サービス開始案内のあった6月に、コーズウェイでの別問題がうきあがってきました。

    コーズウェイの違法横断者逮捕


    以下、写真 (c) thestar.com.my


    突如、コーズウェイ上にあらわれる歩行者。

    マレーシアでは、新コーズウェイCIQの完成後、

    以前は可能であった歩行を禁止している。

    それでも、違法横断者は増えていた模様。

    というか、

    バス通勤であっても、イミグレでの混雑と
    コーズウェイ渋滞で時間がかかるためか、

    なんと、

    ジョホールバルのイミグレ、CIQを通らず、

    隣接の工事現場からジョホール水道パイプを乗り越え、

    線路に入り込んでの違法横断者が増えているのです。

     


    上記写真を含めた違法横断者の記事を読んだのが6月20日前後。

    6月26日早朝5時~8時の間、シンガポーリアン2名を含めた37名が逮捕され、国を違法的に出国すること自体が厳罰に値するとして、上限5年の禁固刑、もしくはRM10,000(約35万円)の罰金か両方の罰則適用といったニュースが流れた。

    そして、6月29日、またまた14名の逮捕



    6月30日には、なんと、去年のコーズウェイ混雑の原因ともなったウッドランズ・チェック・ポイントでの逮捕劇が展開されていました。

    シンガポールPR保持者の34歳女性、早朝5時ごろ、ウッドランズ・チェック・ポイントにて、イミグレ・クリアランスにて停止、ドアを開けることを拒んだため、イミグレ・オフィサーが窓を壊しての逮捕となったようです。

    去年の出来事のように、一体、どうしてマレーシアを出国できたのかなんて単純な疑問もでてきますが、それぞれの罰則として禁固刑に罰金が適用されるようですが、これまた以前のように、メンタル・ヘルス協会施設での拘束となっているるようです。


    コーズウェイ違法横断にもどり、2回にわたっての逮捕者がでながら、現在も、いまだ、ジョホールバル・イミグレーションでの出国手続きをとらず、閉鎖された工事現場からの抜け道ではなく、別の抜け道から、もっと早い時間帯にコーズウェイの線路を横断している人たちがいる模様。

    こういった違法横断者のほとんどのマレーシア人は、シンガポールでの就労許可保持者で、コーズウェイの渋滞にかかる時間の節約、はたまた、交通費の節約のために、こういった強行手段をとっているとのこと。

    では、マレーシア出国の記録もなく、一体どうやってシンガポールへ入国できるのか?

    マレーシア人の旅券は、自動エレクトロニック・ゲート通過出国でスタンプが不要なため、また、シンガポール・イミグレとの相互データ連携もないことから、このような違法行為が簡単に出来てしまうということ。

    Ad





    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。


    関連記事:



    2015-06-16

    マレーシアの就労ビザ取得がバイオメトリックを利用したオンライン化へ

    ジョホールバル初の日本人美容院が一時休業に


    これは、ビザ問題とは直接的には関係のない美容院の話題ですが、ビザの申請に予想以上に時間がかかっているとのことでの一時休業とのことで、ちょっとマレーシアでのビザ取り扱いの変化によるものかなと思ってしまいました。

    去年の暮れだったのかな?日本人美容院のオープン招待状を譲り受け、友人と連れ立ってぎりぎりの時間帯におとずれました。

    なんだかひっそりとした建物の中に、ひっそりとかくれていて、その分、静かでゆったりとしたサロンに、すっとした笑顔のきれいな日本人美容師さんがいらっしゃいました。

    ヨーロピアンの友人と、あんな場所で、商売やっていけるのかしらねなんて話しつつも、すでに、JBで一番と評判の美容師にうんざりしていた友人は、すぐに予約をいれ、非常に気に入ったようで、これからは、あの日本人美容師さん!なんて話をきき、ちょっと驚いたのですが、

    その後、これまた、JBのNo.1美容院では納得できず、シンガポールにまででかけていた友人からも、この美容師さんはいい!なんて意見をきき、ほ~、よほど腕のいい美容師さんなんだと認識するにいたりました。

    服装も肌も気にしない我が家。

    ティーンエイジの娘に関しては、体操服ででかけるのけはやめて!と叫び(体操服を着替えてくれたとおもいきや、なんと、フットボールシャツ。。。なんてことが殆どですが)、そして、ティーンエイジになったばかりの息子には「パジャマのままで算数の塾にくるんじゃない!」と、お叱りを受けるほどのズボラ家族。

    こんな家族が美容院に行くのは、ちょっと髪をそろえてもらうくらいの、1年間に1~2度ほど。

    こんなズボラ女子達も、今度の学校コンサート時は、ちょっとまとめておもらおうと計画をたてていたのですが、なんと、おどろきの一時休業となってしまいました。

    日本人のみでなく、この美容院再開を願われる人たちが多いことと思います。

    すぐの復活をお待ちしてます。


    マレーシア(海外)で、個人事業を成功させるには、何よりも、「自国で、すでに認められるほどの技術に職人気質」のあることが一番必要なのではないかとおもうのですが、マレーシアの開発がすすむにつれ、近年の就業条件そのものよりも、マレーシアへの入国・再入国の審査そのものが厳しくなってきています。

    これにあわせて、もちろん、シンガポールへのジョホールバルからの入国審査も輪をかけて厳しくなってきていて、このごろ日本人のみならず、西洋人のシンガポール国境でのビザ問題がでてきています。

    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

    Ad

    マレーシアでの就労ビザ申請と更新制度の変化


    驚くことに、マレーシアでの就業ビザ、学生ビザがあるにも関わらず、定期的にシンガポールを訪れていると、ある日、突然、どうして、こんなに何度もシンガポールへくるのか?と、オフィスへ呼び出しての質問を受けることもあるほどです。

    これが、マレーシアで、ビザの申請に時間がかかり、ソーシャルビザでのシンガポールとの往復なんかをしようものなら、今年にはいって、厳しい質問を受けるというケースが増えているようです。

    数年前までは、ビザ申請(更新)に時間がかかるような場合は、シンガポール等へ渡り、いわゆるビザ・ランにて3ヶ月のソーシャルビザ(観光目的ビザ)を取得した上で、就労ビザ取得を待つのが当たり前のように行われていたのですが、去年から、プトラジャヤ、もしくは現地のイミグレ・オフィスに、ビザ申請に関する書類を提出して、必要期間の滞在許可ビザを発行してもらうべきだといわれるほどです。(本来は、これが正規の方法だとはおもうのですが)

    また、去年、2014年からはじまった各種ビザのオンライン更新が、今年からすべてオンライン化となったことで、余分な書類が必要となったり、従来以上に時間がかかる就業ビザもあります。

    本来であったらスピードアップを狙うべきのオンライン化が、もっと複雑で時間がかかるようになり、虐めとしかおもえないイギリスの国外滞在者の本国送信パスポート更新以上に時間がかかるなんて、ジョークにして笑うしかないかな、って感もあります。

    マレーシアで、本来なら無理な就業ビザの取得が、ダトーなどのコネクションを利用して、数千リンギの手数料を支払うことで可能だなんて「詐欺」は、以前から、西洋人を含め、東南アジア人と多くの人たちが被害にあっています。

    西洋人、インドネシア人からその被害の話を聞いたことがあるのですが、実際に、正真正銘のダトーにそういった話をもちかけられているので、当人はしっかりとわかっているのに、ビザを取得できる資格がない、また、実際に違法行為を行ったことから、警察に被害届けを出すわけにもいかず、泣き寝入り、そして、痛い勉強代だったということになってしまうようです。

    だから、驚くほど、次々と被害がおこるのですね。



    また、中には、知人関係から、ビザ取得を可能にしたなんて人たちがいるのも事実で、事業登録にしても、その処理をはやめるために「袖の下(アンダー・ザ・テーブル)、賄賂」がまかり通ったりするのも事実ではありますが、

    外国人として長く仕事を続けていくには、タイトルや名前ばかりを気にしたコネクションでなく、地元で長くビジネスを行っている人たちとの交流から、現地の慣習に法を理解していくことが一番大事なのだとおもいます。

    また、この数年、マレーシアではアンチ・コラプション・コミッション(汚職防止委員会 - The Malaysian Anti-Corruption Commission (MACC) )の活動が伸び、警察、イミグレ、カスタム職員の賄賂汚職による逮捕が増えています。

    このところ、特に、イミグレやカスタムでのビザに関する賄賂問題での逮捕劇が続きましたが、就労ビザ更新の完全オンライン化に続いて、今年の一月に、反対意見を受け保留となっていた、外国人就労者(Foreign workers)のビザ申請登録手続きもオンライン化となり、この月曜日、2015年6月15日から実施されています。

    これにより、7月1日には、これまでのマニュアル受付カウンターが終了となるようですが、オンライン登録、更新で、処理時間の短縮のみでなく、こういった賄賂問題も解決されるようになるのでしょうか。

    マレーシアもいよいよバイオメトリック認証ビザ発行



    すでに、いくつかの国で自国民や訪問者に対して実地されているバイオメトリック認証。

    指紋や眼球の虹彩、声紋などの身体的特徴で本人確認を行うバイオメトリック認証をきいたときの皆さんの反応はいかがでしたか?

    イギリスでは、いくつかの学校で採用され、給食費用等未払い生徒の振り分けのようなことで、人権問題として話題になっていたことがありました。

    日本で両手すべての指の指紋をとられるのは、人権問題として重要なことだという意識があったとき、マレーシアで、平気で全部の指の指紋をぺたぺたとおしているマレーシア人をみたときも驚きましたが、

    スパイ映画やスーパーヒーロー映画にでてくるような、パネルに触れることで、また、顔写真認証でドアが開くような時代になったなんておもうも、人権やプライバシーに関わることでもあるものの、

    旅行者のイミグレーションでのスピード化に信憑性を考えると、オートゲートの利用に、こんなシステムが必要になってくるのでしょうか。

    それでも、今回のこのシステム名として通達された「外国人労働者一括管理システム ― The Foreign Workers Centralised Management System (FWCMS)」の名前のとおり、外国人一括背番号登録制度に加えて、ありがたいことに、体調に保険への登録まですべてお見通しのバイオメディカルまでついてくることに。

    もちろん、1月にあがっていた反対意見はいまだに多く、記者の中からも、こんな重要なことを、短期間で実施に踏み切り、しかも、一団体のみが管理できる仕組みにするとは、これこそ、裏で何かが動いているのではないか、なんて記事がでています。

    なんとなく、見切り発車なのかという気はするものの、この様子では、学生ビザに、はたまた旅行者すべてにまで採用されることになるのでしょうか。

    そして、この2年ほど話題になっている外国人就労者の税金支払記録なども、システムで一括登録され、滞納がある場合は出国できない! なんてことも、しっかりと組み込まれていくのでは。

    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。


    関連記事:





    2015-06-13

    コタキナバルで、またの地震発生

    コタキナバルで震度5.2


    6月5日に1976年来の強度の地震がおこった東マレーシアのコタキナバルで、本日6月13日夜中2時29分に、震度5.2の地震が発生しました。

    コタキナバルの地震

    マレーシアは、環太平洋火山帯には含まれていないという認識から地震がないと一般的には伝えられていますが、東マレーシアのこの地域では、 39年間に4度の地震が報告されています。―1989 (5.6); 1991 (5.1); 2005 (4.1); 2010 (2.6)

    この近辺地域でも、1976 (5.8); 2005 (5.8); 2011 (4.0); 2012 (3.7); July 2013 (3.6); October 2014 (4.4)と発生しています。

    環太平洋火山帯
    (c) wikipedia.org/wiki

    地震の発生は神様の怒り


    cnn.com

    6月5日に地震発生後、地元の人たちの怒りは、1週間ほど前に、コタキナバル山へ登山に訪れた西洋人学生たちへ向けられました。

    5月30日、コタキナバル山頂の公共の場で裸体になったとして、カナディアン兄弟、オランダ人女性にイギリス人女性の4名が、数日後に空港にて逮捕、また、警察へ自首するという事件がありました。

    これを受け、地元の文化への敬意のなさに、自然のスピリッツが怒りをあらわしたのだと表明しています。


    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

    Ad

    海外安全情報

    5月には、外務省より、マレーシア、サバ州東側サンダカンにおける誘拐事件発生に伴う注意喚起がだされています。― Anzen.mofa.go.jp

    実は、東マレーシアは、こんな注意喚起がているにもかかわらず、5月から気になっていたボルネオのとある場所に興味があり、この6月中に子供たちとでかける予定で、問い合わせをしていたところでした。

    天災発生などは、予知できるものではありませんが、安全情報にはめを通しましょう。

    クリック応援おねがいします
    にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

    翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。


    関連記事: