Google+
2015-08-17

ジョホール州広範囲で計画断水開始(8月16日~9月15日)、範囲外でいまできること

8月16日から9月15日迄の1ヶ月間予定の計画的断水が、ジョホール州東部の広範囲で開始となっています。

デサル方面に、ジョホール東側ゴルフリゾート地も含まれていますので、夏季休暇、マレーシア独立記念日休日の旅行計画等にご注意ください。

断水スケジュールは、地域によって A、B とわかれ、また、サブゾーンとして分かれています。2日間断水(朝11時~翌々朝11時)、1日給水(朝11時~翌朝11時)のくりかえしで、ダム貯水池の水量が増さない限り、1ヶ月間決行の予定です。

ジョホールバル計画断水
ジョホール水道局サイトより(パシグダン、ジョホール市方面)

ジョホール水道局サイトより(デザル方面)

主な地域

  • デサル方面(一日おき断水)
  • コタティンギ方面
  • パシグダン、タンジュンプトリ港湾工業地帯
  • マサイ、セリ・アラム、プレントン地域
  • ジョホールジャヤ、タマン・モレック地域
  • ペルマスジャヤ地域
  • テブラオ(ジャスコ近辺)、オースティンハイツ地域

今回の計画断水地域として、マサイ(Masai)パシグダン(工場地区)コタティンギと大まかな範囲を把握していたのですが、ジョホール州のほぼ東部全域ではないかと驚くほどの広範囲となっているため、それぞれのメインゾーン(A、B)、サブ・ゾーンは、こちらにて確認ください。


すでに、各地のレストラン、食品関連業者からの苦情がでており、ジョホールジャヤ地区議員より、ダム貯水池の水量は、突如減ったわけではなく、数ヶ月前より兆候があったはず。

もっとはやくに節水の知らせがあれば、このような計画断水の必要はなかったのではないかと、ジョホール水道局に対する糾弾の記事がでています。

あったんですけどね、ニュース記事としてのお知らせ。

去年、非情なほど続いたセランゴール州での計画断水の際、水がないので、洗車を控えるようにとよびかけている中、商売なのだから利用できるだけ水を使うといった業者への非難が続いていました。

不思議なことに、こういう「節約」というのは、なかなかできないんですよね、地域全体として。

クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

Ad

今回、すでに苦情がでている食品関連のみではなく、工場地帯、学校への影響も多大なものになると思います。

ジョホールバル中心街に西側では、いまのところ計画断水の必要はないものの、エルニーニョ現象による乾季は、あと数ヶ月続くものといわれていることから、西側、市街地で断水がないとホッとしている状況でもないのかもしれません。

我が家では、この計画断水地域に含まれている子供たちの友人など、学校終了後、わがやでシャワーを利用するなど、断水地域外で出来ることを行っていきます。

さすがに、新陳代謝の激しい子供たちにティーンエージは、この気候では、毎日お風呂を利用したいだろうし、してほしいです。

そして、できるだけ、最小限の水利用を心がけていきます。

節水のすすめと方法


去年の乾季からの断水が続いた際の記事より


マレーシア、水不足による断水と節水
The Star Online より
  • 使い残しの氷等は捨てずに鉢などの植物へ
  • 野菜等を洗うときはボールのため水で
  • シャワー時間を2分短くすることで1ヶ月に568リットルの水を節約
  • 水漏れしている水道やパイプを修理することで、1週間に530リットルの節約
  • 食品の解凍は流水ではなく冷蔵庫内や電子レンジにて
  • 使用後のトイレットペーパーはトイレにて流すのではなくゴミ箱へ
  • 水槽掃除はNutrient Rich Water(栄養豊富な水)を利用
  • 剃刀の洗浄に流水を利用しないことで、1ヶ月に1136リットルの節約
  • トイレのタンクにレンガ等を入れて、流れる水を減らす
  • 家屋では、雨どいの水を集めて、庭の掃除や植物への水撒きに利用する

デング熱発生予防


去年、セランゴール州での断水が続いた際、デング熱発生の媒体となるネッタイシマ蚊(アエデスシマ蚊)が繁殖しないよう、ため水用バケツ容器を定期的に検査することを呼びかけていました。(今年のデング熱発生率は、実は、とても多かった去年よりも増加しています

個人的な提案ですが、イギリスの病院で消毒液として利用され、傷口の消毒であったり(原液ではなくかなり薄めて使用*)、キッチン等の除菌、洗濯、入浴時にも利用できるデトル(Dettol)を、ため水に数的利用されることをおすすめします。

デトル希薄水は、飲料用にはできませんが、洗顔、体拭きにも利用できます。

デトルの原液(写真)は、各スーパー、ファーマシー、ドラッグストアどこでも手に入ります。

マレーシア、蚊とサンドフライ対策(デトル)
* デトル原液は、キッチンやバスルームでの強力除菌目的以外では、必ず指示どおりに薄めて利用してください。傷口の除菌等、皮膚に利用する際は、ひじょうにしみるため、注意が必要です。

ジョホール州水道局(SAJ)詳細連絡先: 電話: 1 800 88 7474SMS: 019-772 7474 もしくは e-mail: customer.care@saj.com.my

断水予定地域の詳細は、こちらからそれぞれのファイルをダウンロード、印刷できます。


クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。


関連記事:
2015-08-14

ジョホールバル開催 アジア・パシフィック・ラリー、マレーシア・ラリー・シャンピオンシップ 2015

本日、8月13日金曜日から15日日曜日までの三日間、ジョホールのコタティンギ・プランテーションにて、アジア・パシフィック・ラリーマレーシア・ラリー・シャンピオンシップが開催されます。

写真:マレーシア・ラリーFacebokより

コタティンギのプランテーションまでは、なかなかいかれる方は少ないかと思うのですが、サービスエリアがスクダイ通りのアングサナ・プラザ裏(税務署ビル)の駐車場となっていますので、この夕方以降に行われるセレモニーは簡単にみることができます。

我が家は、マレーシアへ到着後、主人が数年間、マレーシアでのラリーに参加していたことから、ジョホールバルでの開催は、無視できません。

私としては車もレースもまったく興味がないものの、その環境を楽しんでいます。

ここ、ジョホールでの「アジア・パシフィック・ラリー」は、暑さの中、プランテーションの細く険しい、しかも、雨がふると大変なことになることから、非常に厳しいラリーということで、脱水症状をおこしたり、車の故障で失格者が多くでてくるラリーです。

この週末は、テブラオ通りからコタティンギへの道。なんだかカラフルで、しかも車内をバーでかこってある上に、ヘルメットをつけたドライバーとナビゲーターをみかけたら、「がんばれ~」とでも、手をふってください。

クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

Ad

アジア・パシフィック・ラリー参加者の一部

MalaysianRally.com より

2014年 ジョホールでのラリー・チャンピオンシップ




クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。


関連記事:



2015-08-12

ジョホールバル3地域での計画断水予告(8月16日~9月15日)

7月末からのほぼ毎日の豪雨で、このまま計画断水の必要はなくなるかと思いきや、二つのダムでは、いまだ日照りの影響で水量がさがったままとなっています。

写真・記事: The Star Online

8月16日から9月15日の1ヶ月間、ジョホール州の三地域の住宅地、工業産業地区において、641,495名への影響がある計画断水の開始予定がジョホール水道局(SAJ Holdings Sdn Bhd)より発表されました。

今回の計画断水地域は、マサイ(Masai)パシグダン(工場地区)コタティンギとなっており、住宅、商業地域のみでなく、工業地帯もふくまれています。

この断水期間中、ダムの水量があがってくれば、すぐに中止となるようです。

水道局からは、影響を受ける地域では、二つのダムの現状況を考慮し、賢明に水を利用、浪費を避けることをすすめています。

う~む。当初の予定どおり、2日間の断水、1日給水の計画でしょうか。

断水予定地へは、水道局からの通達が届くようです。

詳細連絡先: 電話: 1 800 88 7474SMS: 019-772 7474 もしくは e-mail: customer.care@saj.com.my

断水予定地域の詳細は、こちらからそれぞれのファイルをダウンロード、印刷できます。

Ad

クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。


関連記事:


2015-08-04

予測されていた計画断水が実行されたのかとおもいきや

今朝6時半ごろ、水道から水がでないことに気づきました。

7月の後半、ジョホール州では、2箇所の貯水池ダムの水位が低いことから、8月には、使用量の調整を行う可能性を伝えていました。

ジョホール州には14箇所の貯水池ダムがあり、水位が低い二つのダム貯水池は、コタティンギ、ジョホールバルの商業、住宅地域65万人に影響があるとのこと。

ジョホール州の貯水池からは、メラッカ、シンガポールへも水が供給されることから、マレーシアのみでなく、ジョホール在シンガポール領事館からも(シンガポールからではなく)、クラウドシーディング協力の案がでていました。

TheRakyatPost.com

そんな乾季がつづくなか、7月31日金曜日の午後、ジョホールバルにふきあれる大雨で、コーズウェイCIQ前のシティスクエア、コムター前の大通り、1メートル以下、膝丈まで溢れていたほどです。

この日は、ペナンでも市内で雷雨後、水があふれていました。

nst.com.my

このような冠水をおこすほどの大雨で、貯水池も大丈夫かとおもっていた矢先の我が家での水問題。

計画断水等決定のニュースはなかったはずと、マネージメントオフィスへ問い合わせると、このビルの水タンクの問題だったようです。

通常、タンク掃除のときなどは、朝の10時ごろから午後いっぱいまでの断水になったりはするのですが、別のメンテナンスが必要だったようです。

その後、午前中には水道水ももどり、ほっ。

計画断水みおくりとなるか


やはり、7月末日の大雨にその後も各地で続く豪雨の影響から、ジョホール州水道会社(SAJ)では、雷雨が続くようであれば計画水調整の必要がないのではないかと、各貯水池ダムの水位を点検監視中です。

強風をともなう雷雨が、ネグリセンビラン、マラッカ、ジョホール、クランタン、トレンガヌにサラワクの一部で予想されています。

貯水池ダムの水位があがらない場合は、ジョホールバル、コタティンギ地区の約65万人が計画断水(2日間の断水、1日供給)の影響を受けることとなります。



エルニーニョ現象の影響か、乾季による断水さわぎが今年も続いていますが、雨がふると今度は豪雨。

その後の東南アジアでの大洪水被害ニュースをみていると、あの7月31日の豪雨、雷雨もサイクロン・コメン(Cyclone Komen)の影響だったのですね。

国連では、被害の拡大を懸念していますが、どうか、はやくおさまりますように。

南アジア、東南アジアの大洪水被害


写真:Deutsche Welle

東南アジアのいくつかの国でおこったサイクロン・コメン(Cyclone Komen)による豪雨で、広範囲に及ぶ洪水、地滑りによる被害から驚くほどの死者数となっていますが、いまだ、豪雨が続き、被害が拡大するのではないかとの懸念がでています。

インド、パキスタン、ネパール、ミャンマー、ベトナムでの被害拡大が懸念されていますが、6月に洪水被害を受けたインドでも、今の洪水被害を悪化させる豪雨が懸念されています。

また、ミャンマー、ベトナムなどでは、乏しいインフラや制限のある機能によって救援活動が遅延しています。

記事参照:Deutsche Welle

Ad

クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。



関連記事:

ジョホールバルで愉快犯らしき事件が多発

このところ、ソーシャルネットワークを通じて、通学中の子供たちが、歩行中、後ろから殴られ怪我をおうという事件が続いているとの写真記事がでまわっていました。



8月にはいり、スター紙、アジアワン、マレーシアンダイジェスト等にて警察発表記事がでています。

セリアラム警察は、タマン・ジョホールジャヤ(Taman Johor Jaya)、タマン・デサ・チェメラン(Taman Desa Cemerlang)近辺で、今年4月からの4ヶ月間で、22件の被害届けがでている暴行事件の犯人を捜索中です。

被害者は、学校へ通学途中の子供たちから高齢者までと、歩行者が無差別に狙われているようです。

最新の被害届は、7月30日木曜日、朝7時前、タマンジョホールジャヤ(Jalan Teratai 38, Taman Johor Jaya)の学校へ徒歩通学中の14歳女子生徒が、近づいてきたバイクの男性にガラス瓶のようなもので殴られたものです。

他の被害報告では、ブリック(レンガ)を投げられた、鉄の棒でなぐられた、液体(酢、ディーゼル)をかけられたりと、強盗目的ではないようです。

警察では、タマン・ジョホールジャヤ、タマン・デサ・チェメラン地域にて、同じような被害が報告されているとし、フェースブック上にても注意を呼び起こし、制服警官のみでなく民間人を装った警察職員によって、パトロールを強化していることを伝えています。

私の勝手な見解ですが、世の中どこでもそうなのでしょうか。ここで、いわゆる民間人のふりをした私服警官というのは、非常にチーマー的というか、ギャング団的です。

一度、ペランギのポリスステーションの近くで、若いチーマーとすれ違いさま、必死に子供たちを守ろうとしたのですが、なんと、警察のお兄さんたちでした。


警察では、すでに男性二人の容疑者を拘束していますが、その後も犯罪が続いてることからも複数の容疑者が存在する可能性は否定できないと述べています。

この事件に関しての情報を警察ホットラインにて受け付けています。(07-3864222、07-2212999)


西側ゲランパタでは、日曜日の真夜中すぎ、ナイトクラブをでたあとバイクへ乗ろうとしていた男性友人たちの一人が、覆面ギャングにパランで襲われ死亡するという事件がありました。

ジョホールバル市内でもおきている発砲事件に、こういったナイトクラブ近辺での犯罪は、もしかしたらギャング系事件かとおもうのですが、日中に無差別に狙われるような事件は非常にこわいものです。


夜おそくには、できるだけ出かけない

注意のでている地域ではなるべく歩かない

どこであっても歩行中はもちろん、
車の乗り降り前後は、まわりの様子をうかがう

そして、何よりも、子供たちだけで外を歩かせない

レッスン、塾への送迎時は、
特に外から自由にはいれる階段を利用する場合、中までつきそう

などなど、予防策はあります。

気をつけてすごしましょう。

クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

Ad

日本大使館からのマレーシア渡航情報(危険情報)


●サバ州東側の島嶼部及び周辺海域
:「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●サバ州東海岸のうち,サンダカン,ラハ・ダトゥ,クナ及びセンポルナ周辺地域
:「渡航の延期をお勧めします。」(一部引き上げ)
●サバ州東海岸のうち,上記「渡航の延期をお勧めします。」発出以外の地域(タワウ含む)
:「渡航の是非を検討してください。」(継続)

外務省 海外安全ホームページ


「たびレジ」

3か月未満の短期渡航滞在予定を登録: http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡などの受け取りが可能ですので,ぜひ活用してください。

スマートフォン向け「外務省 海外安全アプリ」

外務省では、スマートフォン(iOS及びAndroid)向けの「外務省 海外安全アプリ」を平成27年7月1日に公開しました。

このアプリは、海外で自然災害やテロなどの事件が発生し、日本人が巻き込まれるケースが後を絶たないことから、海外にお住まいの方や海外旅行や海外出張されている方に、海外安全情報をより身近にご利用いただくために開発しました。

昨年運用を開始した外務省海外旅行登録「たびレジ」とともに、ご自身やご家族の安全のために是非ともご利用ください(無料)。

「海外安全アプリ」でできること
(1)スマートフォンのGPS機能を利用して現在地及び周辺国・地域の渡航情報を表示することができます。

(2)希望する国・地域を「MY旅行情報」機能から選択することで、その国・地域に対する渡航情報が発出された場合にプッシュ通知で受信することができます。

(3)オフラインでも各国・地域の緊急連絡先を確認することができます。

(4)ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html


クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。


関連記事:


2015-08-02

ヒル(リーチ)被害の対策と予防

熱帯雨林のジャングルトレッキングで、かならずといっていいほど出会うもの

ヒル(英語でリーチ:Leech)


トレッキングに行くと必ずおまけのようについてきます。

また、これは、農薬であったり化学品が使われていない

自然の地に野生動物がいるという証
でもあるとのこと。(喜ぶべきなのでしょうか。。。)

マレーシアでトレッキングの際、吸い付いてくるヒルは、吸血性ヒルです。

このヒルは、あしもと、袖口などからもぐりこんで、気づかないうちに体の上にまではいあがっていくほど身軽です。(血を吸う前)

娘は、フレーザーヒルでのジャングルトレッキングのあと、皆と比べても一番大きなヒルが足についていました。(これが5歳のときだったか、その後のアイランド、エンダウロンピン公園でのトレッキングの際も、だれよりも狙われやすいようです)

息子のほうは、あし、おへそあたりまでちいさなひるがすいついていました。



"Leech blutegel" by Chris Schuster.
Licensed under CC BY-SA 2.0 de via ウィキメディア・コモンズ.

吸血ヒル対策

  • 吸い付いているヒルは、口部分が残り感染することがないよう無理に引っ張らない
    • タバコや蚊取り線香の火を押し付ける
    • 塩、塩水や酢をかける
    • 虫除けスプレー、タイガーバーム系スプレー
    • マウスウォッシャー、リステリン等で
      おのずとはがれるようにする
  • ヒルは、吸血中に痛みを感じない麻痺機能、
    および血液の凝固作用を防ぐ成分のある唾液をだします
    傷口から、その成分を搾り出すような形で洗い流します
  • 1時間ほどは、少しの出血が続くことがあるので、
    ヒスタミン軟膏等を塗り、しばし圧迫する


初のヒル被害を受けた子供たち。

ホテルスタッフにて、上記のような説明を受けながら処置をしたものの
ヒルが巨大になるまで血を吸われた娘のあしの傷からは、
翌日も少しではあるものの出血が続いていたため、
近くのクリニックでみてもらうこととなりました。

大丈夫ですよといわれ、軟膏をぬってあらたにバンテージをしたのみでした。

ヒルは蛇にかまれた際の毒素抜き等、
民間医療に使われることもあるように、
一般的には毒素はないようです。

傷が深くならないように、自分で落ちるようなはがしかたをする、
きれいに洗って圧迫止血をする、という方法で、

ほぼ問題はないようですが、長く出血が続くような場合は、
近くのクリニックでみてもらうほうがいいようです。

吸血ヒル予防

  • 長ズボンや靴下、ウィンドブレーカー等で、吸い付かれる隙間をつくらない
    もちろん、それでも吸血ヒルははりついてきます

    そこで、

  • 女性用ナイロンパンティホース(パンティストッキング)を通常の靴下の上からはく
  • トレッキング用ひる対策靴下(Anti Leech Hiking Socks)
    現在、一番の予防品のようで、アマゾン等でオンライン購入ができるようです

    写真はアマゾンより
  • ソックス、パンティストッキング、洋服、靴の上から、蚊よけ、虫よけスプレーをぬる
  • リーチはタバコがきらい
    オランアスリは、タバコを漬けた水を足元に塗っているとのことですが、
    毒性を考えると、とても子供たちには使えません。

驚くほどの種類があるヒル(リーチ:Leech)ですが、マレーシアの熱帯雨林に生息するのは3種のみ。

子供たちのみでなく、私もヒルにかまれたため、みつけた瞬間のショックはわかりますが、なんせ、その抗凝固剤から民間療法のみでなく、アメリカの食品医薬品局でも承認されている生物療法に使われるヒル、あしをちょっと吸われる位ならいいかな。(いやですが)

Ad






クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。





関連記事:


2015-07-30

ワンマレーシア汚職疑惑で内閣改造(リシャッフル)

7月28日、マレーシアでは、マハティア前首相に近いとされる副首相をはじめ、ナジブ首相の汚職疑惑への説明をもとめていた内閣閣僚5名を、「意見の違いを公の場で語ることは、政治上の集団的責任の基本概念に反し、また、国民に不安をまねき、国政に悪影響をあたえかねない」として更迭。

また、その発表後、CIMBグループ会長で、ナジブ首相の弟でもあるダトゥク・セリ・ナジル・ラザック(Datuk Seri Nazir Razak)は、インスタグラムのアカウント上、マレーシアの現政府内の嵐を放置するなら、「ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」のような状況になるであろうと警告。

イメージ:The Star Online

「ゲーム・オブ・スローンズ」は、中世を舞台にしたTVシリーズで、王国コマンダーのスキャンダルを公開すると迫ったことで死刑を宣告された第二コマンダー、エダード・スタークのイメージに「勝利か、死か」の引用があるポスターをインスタグラムにて公表。

イメージ:BBC

BBCニュースでは、ナジブ首相は、内閣をサポーターでかため、問題のワンマレーシアDB資金汚職疑惑への批判を鎮めようとしていると伝えています。

今回の首相批判の危機は、この6年間で最大のもので、否定を続けるにもかかわらず、批判的な意見に事実を求める質問が続き、国民が「真実」を望んでいることが伺えます。

アナリストのスンは、今回のリシャッフル(改造)で、一時的に圧力を緩和することはできるものの、ナジブ首相の元師匠でもある前首相マハティアに、野党からの厳しい意見はとどまらないであろうと予想しています。

マレーシアの金権政治はまったく目新しいものではないものの、食料やペトロの補助金がカットされ、新たな消費税の支払いを余儀なく受け入れることとなったマレーシア人にとって、この汚職疑惑に関わる莫大な金額は、非常に興味深いものです。

今回の内閣改造に含まれた法務総裁、検事総長(Attorney General)の交代は、マレーシア国民が真実を知ることができるのかどうかの大きな疑問点となっています。


まさか、きのうの警察本部の火災事故が、こういった事件や疑惑に関わるものとは思いませんが、しかし、早く、クリアーにしてほしいものです。

Ad

クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元としての当サイトへのリンクを追加ください。

関連記事: